[RTM]Evernote(リマインダー)との連携手順

1.RTMでEvernoteのリマインダーを管理できるようになった

Remember The Milk 日本版 公式ブログ » Remember The MilkでEvernoteのリマインダーを管理する
上記の記事にあるとおり、最近Evernoteに追加されたリマインダー機能がRemember The Milkと連携するようになりました。

 

2013年5月30日現在、本家Evernoteでのリマインダー機能もMac版、iOS版、Web版に限られている中、結構早いリリースだと感じています。

 

ちなみに私は以前からRemember The MilkとEvernoteを連携させて使っていました。

Evernoteにリマインダ設置!RTMを連携した@neunz19 の使用例
私の書いたはまラボへの寄稿記事です。
早速サービス同士を連携させたかったのですが、方法が少しわかりにくかったので、紹介します。

 

2.本家の英語ページに連携のためのリンクがある

上記のRemember The Milkの日本語版ブログの翻訳元と思われる英語ページがあります(日本語版記事の末尾のリンクです)。

 

Services / Evernote

 

このページの右側に、お目当ての物があります。

evernoteRtmConnect

(上記の画像は認証後の状態です。)

 

3.どういう活用方法があるか検討中

私はURL欄にEvernoteのノートリンクを貼ることによって、以前からEvernoteの情報をRemember The Milkから参照する、ということをやってきたので、今回の機能リリースには少しだけ今更感があります。

 

しかし、マニアックな使い方としてではなく、サービス同士が正式に連携することになるのは歓迎すべきことです。

 

少なくとも、EvernoteからRemember The Milkのタスクを生成できることで、タスクとノートを連携させることの手間は減ります。

 

また、多くの人がEvernoteとRemember The Milkを連携させて使うことで、もっと便利な活用方法がどんどん世に出てくるのではないか、と考えています。

 

[この記事の執筆にかかった時間 40分]

[RTM]Evernoteにリマインダ設置!で削った部分を寄せ集めてみました。

1.寄稿記事のおまけ


はまラボへの寄稿記事をシンプルにする過程で削った部分を寄せ集めてみました。
興味があればどうぞ。

(1)RTMのショートカットキー


タスクのURL欄を編集状態にするショートカットキーは"U"です。

(2)ToodledoでノートリンクからEvernoteのノートを呼ぶ方法


Toodledoのノート(タスクごとに存在するメモ欄)にノートリンクを貼り付ければ、自動的にクリッカブルリンクになります。

そのままではリンクのURLがリンクになるだけですが、HTMLでリンクのタグを書いてやれば、表示させる文字列を変えることもできます。

(3)TaskChuteでノートリンクからEvernoteのノートを呼ぶ方法


はまラボのこの記事を読みましょう。

[TaskChute]ハイパーリンクを使い倒せ!5つの活用例も紹介します!


最近のアップデートで「タスク実行前のヒント」列が新設されたので、その列を使うのも良いでしょうし、はまラボの記事のように、Projectを使うのも良いでしょう。(ちなみに私はProject派です。)

(4)削られた具体例


保育園かばんのチェックとほぼ同じ具体例だったので削った具体例です。
これを入れたかったのは、ハンドタオルのことが言いたかっただけですね。

お出かけ前チェックリスト

これは、土曜日と日曜日の朝にリマインドされるノートです。

odekake
チェックリスト導入で忘れなくなったのは、ハンドタオルです。
外出時に子供はすぐ手が汚れるのでしょっちゅう手を洗うのですが、ハンドタオルが1枚あると助かります。

必要な時には入れておこうと思うのですが、お出かけの前には思い出せず、外出先で手を洗う段になって「ハンドタオルを入れておこうと思ったんだよな。。。」と思い出す、というサイクルから、チェックリストでようやく抜け出すことができました。

[この記事の執筆にかかった時間 18分]

[先週の勉強時間  5時間 10分](11/26(月)~12/02(日))
[先々週の勉強時間 4時間 50分](12/03(月)~12/09(日))
その前週は 4時間 15分でした。

はまラボにEvernoteとRTMの連携記事を寄稿しました。

1.ご報告


はまさんが寄稿記事の募集をしていたので、思い切って寄稿してみました。
今朝、無事に公開の運びとなりました。

Evernoteにリマインダ設置!RTMを連携した@neunz19 の使用例(はまラボ)



2.寄稿を通じて得たもの


はまさんも募集の中でメリットを示していますが、実際に寄稿をしてみて、ブログ初心者である私にとっては他にも大きな収穫があったので、紹介します。

収穫は主にブログの基礎知識についてです。

(1)記事にはまとめをつける


そのままです。まとめがあった方が記事を読み終わった後に要点を再確認しやすいですね。

(2)(はやしさんの記事から)文字だけより画像を入れた方がわかりやすいのみならず、読みやすい


画像の扱いに慣れていないこともあり、普段文字だけの記事を書くことが多いです。

しかし、寄稿第1弾のはやしさんの記事を見て、文字だけでなく、画像もところどころに挟んだ方が記事が読みやすくなるな、と思いました。

今まではせいぜいスクリーンショットを切って貼るくらいのことしかしていませんでしたが、Skitchを使った画像の編集にも挑戦してみました。

(3)記事の募集側との意思の擦り合わせが大事


今回のケースでは、始めに見出し構成をはまさんに送り、OKをもらってから書き始めました。

しかし書き始めると「ここはこうしよう」「具体例は自分のブログに持ってきた方がいいか」などと思いが変わってきてしまい、見出し構成と異なった記事になってしまって、方針の再調整が必要になったことがありました。

今回のように、あるテーマに沿って複数の寄稿を募集している場合、寄稿者は募集者と記事の方向性についてこまめに打ち合わせをしながら進めるのが良いと思います。

大きな変更や、疑問点、確認事項はこまめに解消しておきましょう。

(4)自分のブログの読者層の把握


はまさんとのやりとりの中で、はまさんからのメールにこういう言葉がありました(はまさんには引用の許可をいただいています)。

はまラボの読者層を考えると、初歩的な備考はほとんど不要だと思います。
検索で辿り着かれる人は、わからない点をまた検索してくれますから、過剰な配慮は不要です。


私の直前の原稿では、具体的な手順まで細かく説明した方が、誰にでもわかるかと思い、長い記事を書いてしまっていました。
はまさんから、長く細かく書くよりも本質的な部分のみに絞ってシンプルにした方が読みやすくなる、という方針の中で出てきた言葉でした。

私のブログはまだ読者層などを定義するほど読まれていないと思うのですが、こういう情報が整理できていれば、方向を判断する基準になると思いました。

(5)見出しタグは修飾タグではない。順番に使った方がSEO上有利。


私は見出しタグを見た目で判断して使っていたため、見出しにh3、小見出しにh5、箇条書きにh6のように適当に見出しタグを使っていました。
それについて、はまさんからいただいたアドバイスです。

記事の見出しはh2,h3,h4,h5で順番に使っていったほうが良いです。

これは文字の修飾タグではなく、ブラウザやロボットに文章の構造を説明するためのタグです。
きちんと設定することでSEO的にも有利になります。(まともなページと認識されるため。)
なお、h1はだいたい記事タイトルに使われています。


「文字の修飾タグではない」という説明がとてもわかりやすく、納得がいきました。

ちなみに、うちのブログ(テンプレート?)ではH1がブログタイトル、H2が記事タイトルのようでした。
こういうことも自分で把握しておいた方が良いですね。確認するまで曖昧でした。

(6)ブログタイトルの32文字ルール


32文字ルールというのは、はてなブックマーク上ではタイトルの先頭32文字しか表示されないので、
32文字の部分で人に興味を持ってもらうタイトルをつけるということです。


私ははてなブックマークを使っていないので(そういうものがあることは知っているくらい)、長すぎると良くないんだろうな、くらいの認識でした。

具体的な基準がわかったので、今後はスピーディーに判断できそうです。

3.編集後記


初回の飛び込み寄稿といい、はまさんにはお世話になりっぱなしです。
この度の寄稿も学ばせてもらうことが多く、貴重な体験でした。

最後に、はまさんからの言葉で励みになった言葉を紹介します。

初心者だからといって遠慮することはないですよ!
ネットではチャンスがあればどんどん挙手していったほうが良いですから!


しかし、ブログを始めてから度胸がついたな、と我ながら思います。

[この記事の執筆にかかった時間 70分]

[RTM]言語設定を英語に変更して使う

1.RTMの日本語処理の未熟さ


Remember The Milkの使いづらい点の一つに、日本語の扱いがイマイチ、という点があります。
例えば「every 1 month」は「1ヶ月ごとに」と変換されるのに、「every 2 months」は「2月ごとに」に変換されます。

しかも、数字を変えても行ったり来たりしてくれない。
下手をすると「ごとに」が「後」に勝手に変換されたりもする。

私は前々から不便を感じていた部分でした。

2.日本語の設定があっても、英語で使えばいいんじゃないか


Toodledoとの比較の記事を書いていて、RTMも設定を英語に変更すればいいんじゃないかと思い立ち、早速試してみました。

画面上部の「設定」→「全般」タブの下の方に「言語」の欄があります。
ここを「日本語」から「English(US)」にします。
「変更の保存」ボタンをクリックすれば、変更が反映されます。
いつでもすぐに日本語に戻すこともできます。

[過去記事]
[RTM]RTMとToodledoの比較(その1)
[RTM]RTMとToodledoの比較(その2)
[Toodledo]RTMとToodledoの比較(その3)
[Toodledo]RTMとToodledoの比較(その4)

3.快適になりました


まず、何故かリストのタブ部分が少しコンパクトになりました。
期待していなかったことですが、嬉しい誤算です。

少し心配していた、タスク名やノートにも従来どおり日本語も入力ができました。

もちろん、リピートの変な変換に悩まされることもなくなりました。
リピートに「平日毎」などと入力しても認識されなくなりましたが、勝手に「ごとに」と「後」を変換されたりするよりマシです。

メニューの位置ももう分かっているので、日本語でなくても支障ありませんでした。

4.Androidアプリは?


web版が快適になったので、Android版についても同様のことを行いたいところです。
設定を少し見てみてもわからなかったので、またグラントに聞いてみようかな、と思っているところです。

端末の言語設定を変えないとRTMアプリの言語設定も変わらない、という結論だと困るなぁ、と思っています。

[この記事の執筆にかかった時間 36分]

[RTM]日本語のサポート窓口

1.公式サポートは英語


Remember The Milkは英語圏発祥のツールで、日本語対応を謳ってはいますがまだまだ発展途上であると感じます。

ヘルプも英語、サポートへのContactフォームも英語なので、バグの報告などを日本語で書いてもわかる人に届くのかどうかが疑問でした。
かといって英語で書くほどの自信も時間もありませんでした。

この記事では、私がサポートとやりとりできるようになった経緯を紹介します。

2.窓口のURL


Facebookの中に「Remember The Milk 日本語版」のページがあったので、「もし、ここの外に適切な日本語サポート窓口があれば教えてください。」と付記してAndroidアプリのバグ報告をしたところ、「下記のリンクに同じメッセージを送って欲しい」とのお返事がありました。

http://www.facebook.com/l/xAQGsMsHiAQFkFc7fMJ1CdHCPJIPY3-qni5KwP3NZ6suCFA/www.rememberthemilk.com/help/contact/support/?ctx=android.newissue&report=1

3.日本コミュニティーの担当者


その後、現在の日本コミュニティーの担当者であるグラントからお返事がありました。

Hello Everybody!(グラントの自己紹介)


結局のところ、サポートから提示されたリンクの先も日本語のサイトではないようですので、日本語のメッセージであればグラントに回されて処理される、ということになっていると思われます。
その後別の機会に、グラントにはチップスの投稿等も受け付けてもらえました。

ちなみに、Remember The Milkの多言語対応はボランティアベースで行われていると聞いたこともあるので、英語で直接メッセージを書けるなら、その方がいいんだろうな、と思ったりもします。

[この記事の執筆にかかった時間 32分]

[RTM]RTMとToodledoの比較(その2)

1.前回の話
Remember The Milkがとっつきやすそうなので使い始めました。
Androidアプリでの日本語処理に問題があり、深刻なトラブルを招くことがある、という話でした。

[RTM]RTMとToodledoの比較(その1)

2.RTMからToodledleへの移行
Androidアプリからは、タスクを編集せず、参照、実行や単純な追加のみを行うようにして日本語処理の問題を回避しながら当面は使っていました。

ところが、使い込んでタスクが増えるにつれて、だんだんとそれ以外の問題も目に付くようになりました。

(1)タスクの並び順のコントロールができない
(2)リストが増えると見づらくなる。タスク一覧も圧迫してくる。
(3)小さいプロジェクトの管理がしづらい

順に説明します。

(1)タスクの並び順のコントロールができない
Remember The Milkのタスクの並び順の項目はシンプルで「優先度、期日、タスク名」の3つが選択できるのみです。
そして、基本的に自動で並べ替えされるので、同じ優先度、期日のタスクをユーザの任意の並び順にするには、タスク名の頭に番号を振るなどの手間がかかります。

Toodeldoではサブタスクを扱うにはプロアカウントが必要ですが、サブタスク内ではユーザの任意の順番に並び替えることができるので、とても魅力的に感じました。

(2)リストが増えると見づらくなる。タスク一覧も圧迫してくる。
Remember The Milkでは、保存された検索はSmart Listと呼ばれ、タスク一覧の上に表示されます。
保存された検索が増えると、この欄が画面に占める割合が増え、だんだん使いづらくなってきます。

私の仕事においては、大きなプロジェクトが2,3あるというよりは、作業単位としては小さいまとまりの仕事がたくさんあるという業種です。

それらをいちいち保存された検索に登録すると、保存された検索の数が膨大になってしまい、保存された検索の中から目的のプロジェクトを探すだけでも一苦労、という本末転倒な事態になってしまいます。

(3)小さいプロジェクトの管理がしづらい
保存された検索を使わないと仮定した場合、(1)の問題があるため、タスクの登録時に手間をかけてやらなければなりません。

試しに、

親タスク|01 子タスクの作業内容
親タスク|02 子タスクの作業内容
・・・


という形でタスクを登録して使ってみた時期もあるのですが、面倒くさくて到底やってられません。

(1)で述べたように、Toodledoにはサブタスクという機能があるので、この問題も解決できそうです。


時間が無くなりましたが、続きます。次回は、Toodledoのメリットから書くつもりです。

[RTM]RTMとToodledoの比較(その1)

1.環境:WindowsとAndroid
タスク管理をデジタルツールでやろうと考えた時、多くの人が迷うであろうRemember The MilkとToodledoについてこの記事では検討します。
PCのOSはWindows、スマートフォンはAndroidという私の環境における、私の主観を元にした記事です。
他の環境においては、もっと別の選択肢もあろうかと思いますのでご了承下さい。

なお、「使ってみなきゃわからない」という思いからどちらも1年間のプロアカウント購入済みです。
必要な初期投資と割り切っています。今後も継続するかどうかは契約期限が切れる時に考えようと思っています。

2.とっつきやすいのはRemember The Milk
webで調査すると、Remember The Milkでタスク管理を始めた人が物足りなくなってToodledoへ移行するパターンが多いことがわかり、インターフェースもRemember The Milkの方が優れている、という評価が多かったので私もそれに倣いました。

タスク管理で必要とされる基本的な機能は備えていると思います。
Andoroidアプリも、豊富なウィジェットがあったり、音声認識入力によるタスク追加ができたり、クラウド時代のアプリという印象です。

3.半端な日本語化が招く災厄
ただ、使ってみてわかったのは、日本語の扱いがまだまだだということ。
ブラウザからの操作だと2012年10月18日現在大きな問題は感じないですが、少なくとも2012年3月頃にはAndroidアプリでは日本語まわりの処理がダメダメな部分がありました。

例えばブラウザ版でリピートに「every weekday」と入力すると「平日ごと」と変換されますが、同じタスクをAndoroidアプリで開いて表示させると「月, 火, 水, 木、および金ごと」と表示されます。
意味は同じですからいいようなものですが、Androidアプリでこのタスクを編集すると、なんと「1月ごと」にリピートが変更されてしまいます。これは、タスク名等のリピートに関係無い部分を編集しているのに、勝手にリピート部分まで変換し直してしまい、しかも変換に失敗しているということなのです。

Remember The Milkにバグ報告をしたところ、すぐに修正されましたが、変な設計思想だと思いました。
Androidアプリではルーチンタスクを触らないようにしよう、とこの事件の後に決意しました。

散々に書いているAndroidアプリですが、今日のタスクリストや買物リスト等を見たり、タスクを完了にしたりする用途には十分というか、大変使いやすいです。

時間が無くなりましたので、続きは次回に。

[RTM]不定期で発生するお決まりタスクを辞書登録してしまう

1.Smart Add機能とは

Remember The Milkのタスク登録方法にSmart Addという便利な仕組みがありますね。
タスクを登録する際に、様々なパラメータを文字列で指定できるアレです。

Services / Smart Add


例えば、下記のようにタスクを登録してやれば、「試験勉強」リストへ今日の19:45が期日の「解答用紙スキャン」というタスクを登録することができます。

 解答用紙スキャン ^今日 19:45 #試験勉強

2.不定期で発生するタスクへの対応
定期的に期日が訪れるタスクについては、RTMの賢いリピート設定を使えば、一度タスクを登録、設定してしまえば終わりです。しかし、ある状況が発生した時に登録が必要になるタスクというものがあると思います。

その際、「毎回同じタスクを同条件で登録しているな」と思ったら、そのSmartAddパターンを辞書登録してしまう、というのがこの度の提案です。
私は上記のパターンを「かいとうようしすきゃん」という読みで辞書登録しています。その後のタスク追加がとても楽になりました。

[RTM]URL欄にノートリンク貼り付けると便利

1.RTMのURL欄の活用
evernoteのノートにはノートリンクという、個別のノートに紐付けられたリンクアドレスがあります。
また、Remember The MilkのタスクにはURLを登録することができます。

Remember The Milkのタスクと紐付けたいノートがあれば、そのノートリンクをタスクのURL欄に貼り付けてやると、URLをクリックするだけでノートが開くようになります。
RTMのノートだけだと、複数のタスクにまたがる情報は管理しづらかったりしますし、メモとして重要度の高い情報などの置場としても重宝しています。

少なくとも、私の環境(EvernoteのWindowsクライアントがインストールされているWindowsマシンや、EvernoteとRTMがインストールされているAndroid端末)では便利に使えています。

2.こんな使い方も
さらにEvernoteには何でも貼り付けられるので、こんな使い方もできるという例を一つ紹介します。

RTMのURLにWindowsのローカルファイルのパスをペーストしても動作しないのですが、Evernoteのノートにショートカットを貼り付けておくと、そこからローカルファイルを開くことができます。

少し冗長ではありますが、

RTMのタスク→Evernoteのノート→ローカルファイル

という流れを作ることができます。私は、RTMの家計簿を入力するタスク「家計簿入力 週次」に、「家計簿入力 週次」というタイトル(タスク名とノートのタイトルはできる限り同一にしておくと管理がぐっと楽になります)のノートを紐付け、ノートには家計簿ソフトのショートカットを貼り付けて、活用しています。
RTMでタスクを確認してから、実行に移すまでの時間がかなり短くなります。
スポンサード リンク
移転先ブログ
プロフィール

坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)

Author:坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)
■信条
手間は少ない方が良い。
機械にさせられることは、機械にやってもらえば良い。人間は、人間様にしかできない仕事に力を割くべき。
自分の記憶力にはできるだけ頼らずにものごとを処理したい。

■環境
Windows7
スマホ:docomo SC-04E(Android4.2)

■その他
男児1人、女児1人の父親。
妻を含めて4人家族。
職業は司法書士。

■連絡先
Twitter:@sakane0958
mail:sakane@fluentlife.jp

2013年11月にブログを移転しました。
新ブログはこちら↓
http://fluentlife.jp/

リンク
にほんブログ村 司法書士試験
月別アーカイブ
TrackFeed
track feed 流れるような一日を(旧)
LECバナー
ブロとも一覧

ベテラン司法書士浪人生 合格への道  (それから)
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
スポンサード リンク
Author : Masayuki Sakane