[PhraseExpress]英数字が全角未確定状態になる問題への対処方法 - PhraseExpressとATOKの相性問題

1.問題の現象

(1)フレーズを半角英字で登録しているのに、全角未確定で出力される

例えばPhraseExpressで「fsq」と入力した際に「foursquare」と出力させたい場合に、ATOKの日本語入力がオンの状態で実行すると「foursquare」と全角未確定状態になります。フレーズ登録は半角で登録しているのにもかかわらず、です。

PhraseExpressfsq

 

fsqZenkaku 

(2)F10キーの半角英数変換が効かない

さらに、ここで半角英数にするためにF10を押すと「フォースクエア」と半角カナになってしまう上、F10を押し続けても半角英数の「foursquare」にはなりません。

 

半角英数を出すためには、F10でなくスペースキー等での「変換」をする必要があり、F10キーでの操作に慣れている者にとっては、通常と異なる感覚を要求されるのでストレスです。

 

ちなみにF10キーでの処理は、おそらく「foursquare」を「再変換」か何かしているのだと思います。なぜならフレーズが一般的な単語かどうかでF10での挙動が異なるからです。twitterは「ツイッター」になりますが、PhraseExpressは「PhraseExpress」となります。

 

(3)日本語入力オフだとちゃんと半角で出力される

この現象ですが、日本語入力がオフの状態では発生しません。想定どおり半角で出力されます。

 

つまり、半角英数で出力したいフレーズは、発動直後に日本語入力をオフにしてやれば問題が回避できそうです。

 

2.対策:発動直後に日本語入力をオフにしてから文字出力、最後に日本語入力をオンに戻す

(1)概要

PhraseExpressでは、テキスト入力だけでなく、特殊なキーを押させることができます。

 

Open a web page from a phrase|Phrase Express Manual

↑リンク先の少し下の方にある"Adding special keys into a phrase"の項が重要です。

 

そこからさらに一部引用しますが、下記にリストアップされているキーはPhraseExpressで押させることができるキーです。

ListOfKeywordsForAllSupportedSpecialKeys

 

一方、ATOKでは、各種キーの動作をカスタマイズすることができます。

無変換キーと変換キーの活用を考える(ATOK for Windows) | 単純作業に心を込めて
ATOKで日本語入力のON・OFFを特定のキーに割り当てる方法。

上記のPhraseExpressで使えるspecial keysの中から、自分があまり使わないであろうキーを2個ピックアップし、それらに日本語入力オフ、日本語入力オンを割り当てます。

 

そして、PhraseExpressで半角英数を含むフレーズの最初と最後にそれらのキーを挿入してやる、というのがこの計画の全容です。

 

(2)ATOK側の設定

例えば、Ctrl+Shift+F3を日本語入力オフ、 Ctrl+Shift+F4を日本語入力オンに設定します。

 

できるだけ自分で使わないキー、自分がよく使うアプリケーションで利用されていないキーを選ぶことが重要です。

 

(3)PhraseExpress側の設定

次に、ATOKで設定した日本語入力のオン及びオフのキーを押させるフレーズを各1個登録します。

 PhraseExpressIMEOFF

私はIMEOFF(上記の画像のとおり)、IMEON(上記の画像のIMEOFFをIMEON、F3をF4に置き換えたもの)と登録しました。

 

そして、問題のあるフレーズの英数字を下記のように挟みます。

IMEOFFfsqIMEON

 

これで、「fsq」と入力して半角の「foursquare」が入力されるようになりました。

 

3.設定するキーは試行錯誤が必要かも

(1)私の失敗例

現在はCtrl+Shift+F3及びF4で様子を見ているところですが、ここまでに既に2回失敗を経ています。

 

(失敗その1)

Ctrl+F11、F12を設定したところ、WindowsLiveWriterのショートカットにひっかかった。

→Ctrl+Shift+F3、F4に変更してみた。

 

(失敗その2)

Ctrl+Shift+F3、F4を設定したところ、やはりWindowsLiveWriterで変な挙動をした。

→PhraseExpress側のShiftとCtrlの順番を変えたら改善した。

 

私の環境では今のところこれで良さそうですが、使用しているアプリケーションによってはCtrl+Shift+F3及びF4では支障があるかもしれません。

 

その場合は、自分の環境に合ったキーを探してみてください。

 

(2)IMEOFF等をフレーズとして登録しておくと、キー変更が楽になる

上記の設定例では、IMEOFF及びIMEONをフレーズとして登録し、それらを各フレーズから参照する形にしています。

 

当初は各フレーズに直接"{#SHIFT {#CTRL {#F3}}}"のように記述していましたが、このやり方だとキーを変更したい場合には全フレーズに変更を適用しなければなりません。

 

設定するフレーズが3つ以上あるなら、紹介した事例のようにフレーズ登録しておいた方が良いと思います。

 

4.後書き

(1)この仕組みのデメリット

私がテキスト入力をする場面では、日本語入力がオンのことの方が多いです。

 

ですが、日本語入力オフで作業をする環境においては、上記の設定を含むフレーズが発動すると日本語入力がオンになってしまうので、不都合があるかもしれません。

 

フレーズによっては最後のIMEONを外すなど細かい調整が必要かもしれません。

 

(2)MS IMEでは発生しないのかも

ふと思い立ってMicrosoftのIMEでも同様の現象が発生するのか試してみたところ、この問題は発生しませんでした。

 

こんなことをしなくても済むように、ATOKがPhraseExpressと問題無く連携してくれるようになったら最高だな、と思います。

とはいえ私にとってはATOKもPhraseExpressも手放せないアプリケーションです。当面はこのやり方で、両立を実現したいと思います。

[PhraseExpress]複数行テキストの貼り付けにはRich text

1.cat800さんのNAVERまとめ

昨日(2012年11月2日)英語でもいいからIMEとPhraseExpressに関する情報がないかな、と「PhraseExpress IME」というキーワードでGoogle検索していて、とゆさんのNAVERまとめ(私の記事も載っていて感激!)とは違うまとめサイトを見つけました。

 

PhraseExpress 使い方 ~基本から応用まで~ - NAVER まとめ
”Windowsで使える超便利なテキスト入力補助アプリ「PhraseExpress」の使い方をまとめています。私が覚えながら追加していますので、内容は随時更新予定です。 更新日: 2012年06月20日”

この中にさらりと書いてありました。

 

・複数行テキストを貼り付ける場合はリッチテキストにする複数行テキストを登録しても、標準だと1行目しか変換されません。テキスト入力欄で右クリックして「Convcert to Rich Text Format」からリッチテキストに変換すると、複数行も貼り付けられるようになります。

 

それまで、Plain textのまま使う前提でRich textの可能性など考えたこともなかった私には目から鱗の情報でした。

 

試してみると、試行錯誤を繰り返していた複数行のテキストが、確かにすんなりと入力されました。

 

2.Plain textとの違い

入力される様子を見ていると、Plain textでは発動後、逐次入力がなされていくのに対して、Rich textでは一気に貼り付けるように入ってきます。

 

ただ、「複数行なら無条件でRich text」と単純に一択にもできなさそうな印象があります。

 

例えば、はやしさんのサンプルをRich textで実行すると、まず文字化けしたダイアログが出た後、正しい日本語のダイアログが出るのです。

 

この時、出力されるのは後半入力した正しい日本語のダイアログのみ。 Rich textではマクロの扱いが要注意かな、という印象です。

 

[この記事の執筆にかかった時間 50分]

 

[関連記事][PhraseExpress]英数字が全角未確定状態になる問題への対処方法

[PhraseExpress]発動するけど何か変?という時にはDelaysを増やしてみる

1.こんな症状の方に


前回のPhraseExpressの記事の最後の方に、未解決の問題がまだある、と書きましたがその一部が解決しましたのでご紹介します。

下記のような症状に効果があると思います。

(1)発動はするが、改行を含むフレーズが1行目しか出力されない
(2)改行を二つ入れないと改行されない ←勘違いでした。
(3)発動後、最後の方が未確定状態 ←勘違いでした。

私の環境ではずっと上記の症状が出ていたために、PhraseExpressを単語の省略や、ブログのタグくらいにしか活用できず、歯痒い思いをしていました。
あなたのお役にも立てるとうれしいです。

(注)2012年11月2日現在、IMEオフの状態で動くようになった、という状態です。IMEオンだとやはりまだ変でした。
後日、状況がきちんと整理できたら、記事を更新したいと思います。

2.途中経過


どうもうちのPhraseExpressはおかしいんじゃないだろうか、と思っていました。
というのも、はまさんのサンプルはやしさんのサンプルがうまく動かないのです。

webで調査してみるのですが、PhraseExpressの日本語の情報は少なく、解決策に当たりません。
そんな中、気になる記事もありました。

PhraseExpress、数歩前進。変換キーを押さずに挿入&数行にわたる文字列挿入の設定方法。(単純作業に心を込めて)



うちのPhraseExpressもこの症状がありました。改行1つでは改行にならないのです。
しかも、改行を全て2つにすればいいかというと、PhraseExpressがふてくされてしまうのか、1行目だけしか出力されなくなったりしました。

この後、いろいろphraseの条件を変えて試行錯誤するものの、法則性が見えてくることはありませんでした。

3.答えはやはりマニュアルの中にあった


英語なので躊躇していた本家のマニュアルを渋々ダメ元で見ていくと、それっぽい項目がありました。

Is text incorrectly or incompletely inserted?(PhraseExpressマニュアル)


「あなたのパソコンが遅いのかも。Paste Delaysを増やしてみたら?」というようなことが書いてあります。
私のパソコンが特段遅いとも思えませんでしたが、ダメ元で試してみます。

ちなみに設定項目の場所は、下記のとおりです。

Settings→Tools→Settings→Expert Options→Delays→Key-by-Key pasting speed



Key-by-Key pasting speedのスライドバーを真ん中あたりまで動かしてみて、はまさんのサンプルを「どうせダメだろう」と思いながら実行すると、結構ゆっくりではありましたが、ちゃんと想定どおりの文字列を打ち込んでいくではありませんか。

私のPhraseExpressに光が差した瞬間です。
同様にはやしさんのサンプルも実行しますが、問題ありません。

この時の感動は筆舌に尽くしがたく、つい業務時間中にツイートしてしまうほどでした。

4.Delaysは少し余裕を持たせる方がが良さそう


打ち込まれるスピードは速いに越したことはありません。
調子に乗った私は「Delaysがデフォルトでは0になっていたからいけないんだろう、0でさえなければ1でも動くに違いない」と思って100くらいだったのを一気に1にしてみました。

しかし、1ではダメ。5でもダメ。
10あたりからまともに動くようになりましたが、少し余裕をみて15にしてみました。

このあたりの塩加減はおそらく個別の環境によって違うと思います。
実際、私の仕事場のパソコンと自宅のパソコンでも異なりました。
まともに動くことが確認できる数値+αくらいにしておいた方が、安心して使えるのではないかと思っています。

[この記事の執筆にかかった時間 43分]

[PhraseExpress]日本語IMEとBackspace問題

1.前の文字列が削除される


前回の記事([PhraseExpress]発動しない時に確認すべきこと(prefix問題))にて、prefixを適切に設定しないと思うようにAutoTextが発動してくれないという話を書きました。

今回は私がBacspace問題と呼んでいる現症を紹介します。
これも原理がわかるまでは謎の現症でした。

sasisuseso;→さしすせそ


という変換をするphraseがあるとします。

あいうえおかきくけこ(カーソル)


上記の状態で、ATOK等の日本語変換ソフトが起動しているまま先ほどのsasisuseso;を入力すると、下記のような状態になります。

あいうえおさしすせそ


既存の「かきくけこ」が削除されてしまうのです。

2.PhraseExpressは英語圏発祥のツール


しばらく試行錯誤するものの原因が掴めない状況が続きましたが、他のツールの情報から原因がわかりました。

AutoHotkeyを流行らせるページ(Hotstring)


こちらのページの下の方にある「IME使用時の動作」の項に詳しい説明がありますが、日本語では「さ」を入力するのに「s」「a」の二文字を打つので、PhraseExpressは2文字分のBackspaceを送信してしまう、ということのようです。

実験してみると、確かに削除される文字数も一致していました。
また、日本語変換をオフにしていると余分なBackspaceも発動しませんでした。

3.AutoTextを子音若しくは母音のみで構成する


日本語変換をいちいち切り替えるのも面倒なので、日本語変換は有効なままでPhraseExpressを便利に使いたいものです。

そのためには、下記のような対策が考えられます。
(1)子音のみでAutotextを構成する
(2)aiueoを子音が前に来ないようにして使う

(1)子音のみでAutotextを構成する

「fsq;」のように、子音と母音が組み合わされて日本語にならない組み合わせで構成するとBackspace問題は発生しません。
元になる単語から子音のみを抽出するのが覚えやすくてオススメです。

(2)aiueoを子音が前に来ないようにして使う

あいうえおについては(1)の子音抽出の技が使えないのですが、「a」「i」「u」「e」「o」は英語でも1文字、日本語でも1文字なので、前に子音が無ければBackspace問題を引き起こしません。

4.未だ試行錯誤中


実は、私は前回記事のprefix問題が解決したのが最近のことなので、PhraseExpressを使い込むというよりは、未だ手探りでいろいろ試しているという状況です。

改行を含むphraseがうまく使えない、日本語変換ソフトが有効だと半角で登録したphraseが全角未確定状態で表示されるなど、私の環境でまだまだ解決できていない問題があり、今回の記事の中にも誤りがあるかもしれません。
ご容赦下さい。

上記の問題が解決した時には、また紹介させていただきたいと思います。

[PhraseExpress]発動しない時に確認すべきこと(prefix問題)

1.PhraseExpressとは


スニペットツールと呼ばれるツールの一つです。
どういうものかは、下記のシゴタノさんの記事を読むとよくわかると思います。
私のような面倒くさがりには垂涎もののツールです。

寿命ものびるかも? タイピング速度を劇的に向上させる TextExpander を使い込む幸せ(シゴタノ)


TextExpanderはMac用ですが、Windowsにおける定番フリーソフトがPhraseExpressと言えるでしょう。
それを教えてくれたのが、私の敬愛するブロガー2人の下記の記事です。

無料のスニペットアプリ「PhraseExpress」×「いつものテンプレート」で世界が変わります(はまラボ)


生産性を劇的にあげるWindows用フリーウェア秘蔵の5選(jMatsuzaki)



さっそくインストールして使ってはみたのですが、ちゃんと発動する時と発動しない時があり、「不安定だなぁ」と思ってなかなか使い込むところまで至っていませんでした。
最近それが解消したので、この度の記事にしてみました。

ちなみにインストール後のphrase登録は下記の記事がとても参考になりました。
Haruさんに倣って私もPostfix無しをベースにしています。

Phrase Expressの使い方(Haru)



2.発動する時としない時がある


例えば「..」とピリオドを二つ入力すると「:」に変換されるというphraseを登録していました。
Remember The Milkは1215を12:15と読み替えてくれないので、「12:15」をテンキーだけで入力できるようにするためでした。

しかし、どうもうまくコロンにならないのです。
しかもどうでもいい時にはコロンになることもあるのに、時刻を打つ時には必ず発動しない。

当初は他の常駐ソフトとの競合による相性的な問題かと思っていました。
英語版しか無いので敬遠していたマニュアル、じっくり読んでみて解決できました。

How to use Autotext(PhraseExpressマニュアル)


「Leading and trailing delimiters」の項に、デフォルトでは文頭やスペース、タブ、改行等で区切られた文字列を処理するという趣旨のことが書いてありました。

だから12:15はどうやっても変換されなかったのでした。

3.いつでも発動してほしいならprefixはAny


そこでphraseを編集してprefixをAnyにしたところ、いつでも発動してくれるようになりました。
(その後、「..」の変換は時刻にしか使わないのでprefixを「number」に変更しました)

なお、prefix、postfixを編集するには、エキスパートモードでなければならないようです。
表示されていない場合は、phrase編集画面の下の方にある「Expert mode」のボタンをクリックしましょう。

ちなみにPhraseExpressの画面を開きっぱなしの場合も発動しないので、確認はPhraseExpressをタスクトレイに格納してから行いましょう。

次回、PhraseExpressネタを続けてみます。はまった問題シリーズその2として「日本語IMEとBackspace問題」を紹介します。

続きを読む»

[ATOK]ATOKSync辞書から誤登録を簡単に排除する方法

1.前提
ATOKSyncの機能を使うと、複数のPCやAndroidの間で共通の辞書を使うことができ、クラウド万歳といったところですが、使い勝手がイマイチだと思う部分もあります。
特に「不要単語の削除」の煩雑さについては我慢がならないレベルです。

というのも、ATOKはよく入力される単語を自動で辞書登録してくれたりするのですが、誤変換を辞書登録してしまうことがあります。
この誤登録単語を削除しようとすると、PCが3台あれば、3台に対して同時に処理をしてやらなければならないことになります。

詳細は下記のジャストシステムのFAQを読むとわかると思います。
まめにそういう作業をする気にはならないですね。

ATOK Syncを実行すると、削除したはずの単語が復活した



2.削除するのでなく、当面は使わない読みに変更してしまう
ここで私は発想を転換しました。
辞書から削除しようとすると大変なのですが、単語登録はそのままに変更するだけなら同期されても問題無いのではないか、と。

最初に試したのは「抑制単語として登録する」というチェックボックスを有効にしてみるというものでしたが、どうもうまくいきませんでした。

次に試したのは、読みを通常使わない読みに変更してしまうとどうだろうか、という案です。
キーボードをでたらめに打った「jskjfskjl」という文字列をコピペして、削除対象単語の読みに貼り付けていきました。
この試行はうまくいったようで、いらない変換候補が出てこなくなったと感じています。

デメリットは削除したら減ったであろう辞書のファイルサイズが減らないことですが、テキスト情報のファイルサイズはたかがしれているし、変換スピードにもそれほど影響があるわけではないだろうと思います。
副次的な効果として、不要単語がひとまとまりに表示されるので、いざ本当に各PCに削除処理をする際にも、一気に削除することができることが挙げられます。

ATOKSyncの仕様に我慢がならない人は、ぜひ試してみて欲しいです。

[ATOK]辞書にプロジェクト名を登録する際の読みの検討

1.きっかけ
私が尊敬している人の一人である佐々木正悟さんの日経ウーマンの記事に

単語登録で資料やメールを瞬時に呼び出す(佐々木正悟)


という記事があり、当時既にATOKを使っていた私は早速単語登録を開始しました。

佐々木正悟さんは「rw」を読みに使っていたようですが、私はCD-RWやDVD-RWで「rw」を打つことがあるかもしれないと「dw」で登録しました(ちなみに「rw」も「dw」も左手だけで入力することができます)。

2.障害
さてこれは便利になるぞ、と意気込んでいたのもつかの間、AndroidのATOKでフラワータッチを使っているのですが、フラワータッチではすんなりと「dw」でプロジェクト名を変換で出すことができなかったのです。

私がわからなかっただけで、できないわけではなかったのかもしれませんが、私が試みた範囲ではフラワータッチでなくローマ字入力にしてやらないと「dw」での変換はできなさそうでした。
フラワータッチにもようやく慣れてきたところでもあり、また、ちまちましたスマホの画面でローマ字入力はしたくありません。

3.ひらがな2文字の検討
そこで次の手を考えました。フラワータッチでも支障の無い読みにしてやれば良いだけの話です。

以下の条件で検討しました。
1.AndroidとWindowsでは、Androidの方が入力の不便が大きいので、Androidの便宜を優先する
2.よって、フラワータッチで1タップで入力ができる「あかさたなはまやらわ」から選ぶ
3.総当たりで意味の無い2文字を選ぶ

総当たりマトリクス


上記のマトリクスで、赤は意味がある単語だったりするのでNG、ピンクは単語の一部等で出てくる可能性がもしかしたらあるかも、というレベルのNG、白はOKだろうと思う、という色分けです。
時間をかけずに塗りつぶしていったので、突っ込みどころがあるかもしれません。

ともかく検討の結果、私は「わま」をプロジェクト名の読みに使うことにしました。
Windowsでキーボードを打つ時には、右手も使う必要があるものの、Androidでの作業は格段に楽になりました。
今のところ、変換の際に紛れ込んできて困るということもありません。

4.アーカイブプロジェクトの管理
こうしてプロジェクトを増やしていくと、だんだん数が増えてきて、変換してもすぐに望みのプロジェクトが出てこない状況が発生してきます。

この状況に対応するため、私は当面使うあてのないプロジェクトは、読みを「あーかいぶぷろじぇくと」という読みに変更してしまい、「わま」の変換候補に出てこなくなるようにしています。

ATOKは変換履歴を学習してくれるので、今頻繁に使っているプロジェクトについては、変換の上位に来るため、そうそう困ることは無いのですが、子供の成長や思い出に関わるプロジェクトなど、しょっちゅう使うわけではないが、アーカイブするわけにもいかないプロジェクトもあるので、こういう管理は必要かな、と思っています。

5.メールアドレスリストにも応用
ちなみに、上記の佐々木正悟さんの記事と関連する話で、これまた私の尊敬する人の一人である大橋悦夫さんの記事があります。

いちいち毎回やらなくても済むように、一度時間をかけてやっておいた方がいいこと(大橋悦夫)


これも早速真似ようとしたのですが、ATOKではハイフンが読みとして登録できませんでした。

登録できる表記と読み(JustSystems)


しばらくはただ「困ったな」と放置していたのですが、上記のマトリクスを作った後、余っている「はわ」使ったらいいんじゃない?と思い付き、これをメールアドレスの読みに登録してみました。
その結果、もちろん支障無く大橋さんの記事を実践できるようになりました。

ちなみに、プロジェクト名とメールアドレスの辞書登録を同時期に導入したので、導入当時はどっちがどっちだったか、無意味な文字であるだけに、なかなか覚えられませんでした。
しかし、しょっちゅう使っているうちに、手が覚える感じで馴染んでいきました。現在は支障なく使えています。
スポンサード リンク
移転先ブログ
プロフィール

坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)

Author:坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)
■信条
手間は少ない方が良い。
機械にさせられることは、機械にやってもらえば良い。人間は、人間様にしかできない仕事に力を割くべき。
自分の記憶力にはできるだけ頼らずにものごとを処理したい。

■環境
Windows7
スマホ:docomo SC-04E(Android4.2)

■その他
男児1人、女児1人の父親。
妻を含めて4人家族。
職業は司法書士。

■連絡先
Twitter:@sakane0958
mail:sakane@fluentlife.jp

2013年11月にブログを移転しました。
新ブログはこちら↓
http://fluentlife.jp/

リンク
にほんブログ村 司法書士試験
月別アーカイブ
TrackFeed
track feed 流れるような一日を(旧)
LECバナー
ブロとも一覧

ベテラン司法書士浪人生 合格への道  (それから)
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
スポンサード リンク
Author : Masayuki Sakane