[読書]「内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力」を読みました

1.多くの人に読んでもらいたい本

(1)まず昔の自分に読ませたい

内気で外向型のようにはふるまえず、いろんな場面で罪悪感を抱いては自信を無くすことが多かった思春期の自分にまず読ませてあげたいと思った本でした(最近出版された本なので、もちろん仮定の話)。

また、少々厚い本なので手に取った後に自分が読むかどうか迷っていたら、「君なら最後まで勢いよく読める」と伝えたい。
まさに自分にあてはまることが書いてある。そして、それが劣っていることでもない、と自信が持てるようになると伝えたい。

 

(2)家族にも読んで欲しい

おそらく内向型ではないかと思われる娘(2歳)が、思春期あたりになって悩んでいたら勧めてあげたい。
「お父さんもそういうことに悩んだけど、君は君のままで大丈夫なんだよ」とメッセージを伝えてあげたい。


また、内向型であろう妻にも勧めたい(腰を据えて本を読むことがあまり無いようなので、実際には内容を折に触れて伝えてあげたい)。

 

最後に、今時点では外向型と思われる長男(4歳) にも、いつか読んで欲しい。


パワフルにいろいろなことに挑戦し、立ち止まることの無い彼に、世の中には自分とは異なるタイプの感じ方をする人達がいて、こんなふうに感じている、ということを知って欲しい。
異なるタイプの考え方を知っていることは、きっと彼の人生にとって大きな力になると思うから。

 

2.この本のおおまかな内容

世間一般では、内向型人間より外向型人間の方が評価されやすく、内向型人間は自尊心を傷つけられながら生きていくことも多いです。
著者が住んでいるアメリカでは日本よりその風潮が強いようですが、「トップレベルの成功者の中にも内向型がたくさんいる!内向型には内向型の良さがあり、自分達に適したやり方がある!」ということを教えてくれます。

 

外向型人間にとっては、「内向型人間はこう感じているのか」ということを学べる書だと思います。
内向型人間は全体の1/3~2/3ほどの割合を占めていると言われています。自分と異なるタイプの人たちがどう感じているのか、客観的に学べるのは意義のあることです。

 

3.原著者のプレゼン動画

それなりに厚みのある本なので、書店で手に取ると少し躊躇するかもしれません。私はAmazonから着いた際「読むのに時間かかりそう」と思いました(実際に読み始めると、最後までぐいぐい一気に読めます。特にあなたが内向型人間なら)。

 

1冊本を読むのには時間がかかりますが、下記の動画は19分ほどで見られます。プレゼンのテーマは、この本で語られていることの縮小版です。
この動画を観てみて興味が持てそうかどうか判断するのも良いと思います。動画が観られない場合にも、リンク先の「Script」欄で講演内容を読むことができます。

 

TED日本語 - スーザン・ケイン: 内向的な人が秘めている力 | デジタルキャスト
”社交的で活動的であることが何より評価される文化において、内向的であることは肩身が狭く、恥ずかしいとさえ感じられます。しかしスーザン・ケインはこの情熱的な講演で、内向的な人は世界にものすごい才能と能力をもたらしているのであり、内向性はもっと評価され奨励されてしかるべきだと言っています。”

4.この本の中で心に留まった箇所

研究によれば、内向型の人々は外向型の人々よりも、オンライン上で自分について親や友人が読んだら驚くようなことまであきらかにし、「本当の自分」をさらけだし、オンラインの会話により多くの時間を割くことがわかっている。
(中略) 
初対面の人に挨拶するのもままならない人が、オンライン上では生き生きと自分をアピールし、その関係を現実世界にまで広げたりもする。(P87)

↑これはまさしく自分のことだ、と思いました。 現実世界で必要な会話以外で会話をする相手といったらほとんど妻と子供達のみ。


ブログを始めてからはブログでいろいろ語るようになりましたし、オンライン上のお友達もできました。そして、現実世界よりも積極的に人に声をかけています。不思議ですね。

 

自分の内部のコンパスに従って行動する、セルフモニタリングが上手でない人々だ。彼らは自由に使える社会的行動や仮面のレパートリーが少ない。(中略)たとえ周囲の空気が読めても役割を演じることに関心がない。
(中略)
セルフモニタリング度が高い者からすれば、低い者は頑固で世渡りが下手に見える。セルフモニタリング度が低い者からすれば、高いものは日和見主義的で信頼できないと見える(P268-270)

 

↑上記の(中略)の中にセルフモニタリング度の高低を判定する質問があるのですが、私の場合、セルフモニタリング度ほぼゼロでした。


なるほど、確かに私は頑固で世渡りが下手です。これまでの人生でも要らぬ苦労をしました。
でも、この質問を逆に使うことで、そういうことに気をつければ世の中を生きていくのがもう少し楽になりそうだな、と思えました。

 

5.編集後記

全ての人間が内向型・外向型の二つに分けられるわけではなく、中間的な人々ももちろんいるわけですが、自分や家族がどちらに近いか考えることで、お互いをよりよく理解することの助けになります。

 

育児世代として、後半にある子供への対応の章も心に残りました。自分が内向型であったにも関わらず、引っ込み思案な娘を心配になってしまうことがあります。

 

でもこの本を読んだ後では、「それで大丈夫。彼女のペースで少しずつ進んでいけば問題無い。」と信じられるようになったと思います。
親からありのままの自分を受け入れてもらうことは、子供にとって大切なことだな、と思います。

[読書]アキヅキダイスケさん著『Androidスマホ&クラウド「超」仕事術』から得たこと

1.本の紹介

『Androidスマホ&クラウド「超」仕事術』はfmj執筆陣の一人、子育てサラリーマンブロガーのアキヅキダイスケさん(@akizukid)の処女作です。

買ったのはかなり前です。読み終えたのも結構前のこと。

 

記事にするのが遅くなってしまって恐縮ですが、その代わりに自分が実践してみて身についたものを厳選して紹介してみます。

アキヅキさんの教えにも沿っているのではないかと思います。

 

2.CallTrack

CallTrack
制作: asterdroid mobile
価格: 無料
平均評価: 4.6(合計 3,846 件)
posted by: AndroidHTML v2.2

「CallTrack」はAndroidでの通話記録をGoogleカレンダーに記録してくれるアプリです。一度設定してしまえば、後は通話相手名(連絡先の名前)、電話番号、通話時間がGoogleカレンダーに自動で記録されます。
(中略)
コツはCallTrack専用のカレンダーを作ることです。

(Android仕事術P191「CallTrackで自動的に通話記録を残す」より)

 

電話の通話履歴、普通は最新の20件くらいしか参照できないと思います。

 

私はライフログ大好きな記録好き人間なので、ガラケー時代から「もし可能なら、通話履歴は全部取っておきたい」と思っていました。早速インストール。

 

CallTrack専用カレンダーを作っておけば、Googleカレンダーでは簡単に表示・非表示が切り替えられるので邪魔になることもありません。

 

(1)活用例

私の場合、お客さんに自分の携帯からかけることはほとんど無く、もっぱら家族や両親との通話がメインです。

 

つまり主目的は自分の「記録欲求」を満たす、という点にあるわけですが、もっと具体的にCallTrackが役に立つケースとしては、「言った言わない」問題の資料の一つになります。

 

「言った言わない」問題は、しばらく時間が経ってお互い記憶が薄れかけたころに発生することが多いのですが、記録さえあれば「○月○日に電話かけた」ということは自分に自信を持つことができるわけです。

 

CallTrackは話した内容までは記録してくれませんが、かけた(又は受けた)記録だけでもあれば重宝します。

 

【余談】

通話履歴はむしろプライベートより、仕事で重要な意味を持つことが多いと思います。

 

うちの事務所の電話機は、主装置にLAN内からブラウザでアクセスするとCSVで通話履歴をダウンロードすることができます。

この通話履歴も日々流れていってしまうので、私はロケットマウスというシェアウェアを使って定期的にダウンロードして蓄積しています。

 

大変ニッチな領域の話なので記事にする予定は今のところありませんが、もしご要望があれば検討します。

【余談終わり】

 

(2)tasker記事のきっかけにもなりました

[tasker]クルマの乗降時刻をBluetoothのON/OFFから自動記録 - 流れるような一日を
BluetoothのON・OFFのタイミングをGoogleカレンダーに記録

上記のシステムを考えるに当たって、「ログをカレンダーに記録する」という方法をすぐに思いついたのは、当時CallTrackを使い始めていたからです。

 

通話履歴にせよ、クルマの乗降記録にせよ、不要な時には隠れていて必要な時には時系列ですぐに確認できる、というGoogleカレンダー方式はとても便利です。

 

3.Twitterとの付き合い方

Android仕事術を読んだ当時、私はTwitterの全てのタイムラインを追いたい思いと、新規フォローしたい思いとの間で葛藤することがありました。

 

「この人のツイートに興味はあるけど、この人はものすごい量のツイートをするんだな」とツイート量を理由としてフォローしない選択をしたこともありました。

 

そんなTwitter初心者だったころの私には、下記のアドバイスはとても役立ちました。

 

・たくさんフォローする
・タイムラインをすべて読むことは諦める
・意見が違うユーザーをフォローする
・どんどん呼びかける
・返信が来なくても気にしない

(Android仕事術P252「Twitterでの情報収集のコツ」より)

 

新規フォローに悩むことも少なくなりましたし、返信がなかなか来なくても「来なくて元々」とか「Twitterに触れない時間の方が長い人が普通だよね」とか、のんびり考えるようになりました。(それでも気になってしまう時もありますけど)

 

Android仕事術のおかげで、Twitterと肩の力を抜いて付き合えるようになったと感じます。

 

4.編集後記

読んだ当時、既に実践していたこともいくつかありました。

薄いメモ帳は使い始めていましたし、私も「多ToDoアプリ派」です(私はたった2つだけですが)。

 

つまり、この本には普遍性のあるお役立ち情報が載っている、と言えるのではないでしょうか。

 

世間的には、単一ToDoアプリ派が王道、という扱いを受けているので、私ももっと多ToDoアプリ派を啓蒙していきたいですね。ツールが分かれているのも、慣れれば便利です。

 

[読書]スマホ時代のタスク管理「超」入門

1.kindle版の発売日に購入

2013年1月25日に発売されてから、「kindle版が出るまで待とう」と思って紙の本を買わない選択をしました。

2013年3月8日にようやくkindle版を手に入れ、ほどなく読了。

 

kindleのハイライトで自分の心に留まった箇所を簡単に振り返ることができるので、紹介してみます。

 

ちなみに、昨日(2013年3月29日)あたりからkindleセールの対象になっていて、少し損した気がしなくもないのですが、3週間ほど早く読み始めることができたということなので、損ではないと思うことにしています。

 

2.Myハイライトからピックアップ

(1)時間帯コンテキストの導入

私はタスク管理ツールのタグをたくさん作った割に、うまく活用できていない実感がありました。

具体例を一つ挙げると「(妻)」タグです。

 

タスクを登録する際には手間が発生する割に、タスク実行時に参照して活用しているかというと、そうでもない。

タスク管理ツールを見ずに完了することの方が多く、何かの折に「あ、そういえば完了していた」と気付いてチェックを入れる、ということもよくありました。

 

人をタグで管理するよりも、朝の出勤前、昼休み、夕食時などのコンテキストでタスクを管理する方が、コンテキストをシンプル化できて、登録時にも実行時にもシンプルに動くことができるようになります。

 

私の場合であれば、「(妻)」タグのタスクは、たいてい昼休みと夕食時には妻と一緒にいるので、どちらかに振ればよいことになります。

さらに、妻の両親が同席しているかどうかで、昼休み、夕食時、を使い分けることも、元々の「(妻)」タグ運用より簡単です。

 

ちなみに、この時間帯コンテキストの項についてはkindle版の前にシゴタノの記事で内容が紹介されていたので、それを読んですぐに導入しました。

 

シゴタノ! SP03:「時間帯」というコンテキストでタスクを管理する

 

(2)”実行日こそ管理しよう”

ToodledoではタスクにStartDateとDueDateの2つの日付が設定できますが、その他ほとんどのタスク管理ツールではDueDateしか設定できません。

 

特に実行期間が長く設けてあるようなタスクでよくある悩みですが、タスクに締切日をDueDateとして設定してしまうと、締切日になってタスクの存在に気付き、間に合わなくなる、しかし開始日にしてしまうと、完了するまでずっと「期限切れ」のタスクとして居座り続けるので困る、というジレンマに一つの方向性を与えてくれました。

 

私の場合は、日付を1つしか設定できないツールではDueDateは「実行日」と読み替えよう、と決意しました。

 

それから、タスクが居座り続けることがないように、大きいタスクは一日で完了できる単位に分割する、ということも、自分はできていなかったな、と反省しました。

 

(3)ファーストタスクという概念

朝の一番気力のある時間帯に一番大事なことをしよう、という考え方です。

 

これまで、寝起きはまだぼーっとしているかもしれない、などと勉強の時間を起きてから少し後に回す傾向がありましたが、これを改めました。

 

頭が起きていようと起きていまいと、ともかく始める。始めているうちに乗ってくることもあるし、あまりに効率が悪ければ他のことを挟んでも良いかもしれないが、ともかく起きて最初に勉強をする、と。

 

少なくとも、他のことをやってしまって勉強をするための時間が確保できなくなる、ということはほぼ無くなりました。

今後も続けたい習慣です。

 

(4)週次レビューのやり時は自分で決めれば良い

 

GTDにおいて週次レビューは大事な概念ですし、やったほうがいいことは確かなのですが、しかし「週次レビューができないからGTDをあきらめる」というくらいならやらないほうがマシです。(スマホ時代のタスク管理「超」入門 location 1894)

ここ数週間は個人的に勉強が乗ってきている時期で、その一方、週次レビューは全く時間を取っていませんでした。

 

何となく罪悪感があり、いつかは週次レビューをやった方が良いんだろうけど、今せっかく乗ってる時だから崩したくないな、と葛藤していました。

 

それに対しての一つの解が得られたのかな、と思っています。邁進したい時は脇目も振らずに邁進したら良い、と。

それでどうにか回ってる間は、その間にしかできないことに集中するのもアリだし、それを決めるのは自分ってことです。

 

[この記事の執筆にかかった時間 60分]

[読書]年末年始の読書記録・佐々木正悟さんの書籍を中心に

風邪で寝ていた間にもkindleアプリで本を読んだりして、年末年始の間に積ん読も2,3冊消化できました。

 

書評としてしまうと腰が重くなって書けなくなりそうなので、読書記録という程度の位置づけで、気負わずに書いてみようと思います。

 

1.読んだ本一覧

 

kindleアプリ

いつも先送りするあなたがすぐやる人になる50の方法 (中経出版)

 

あきらめずにやりぬく人に変わる方法 (中経の文庫)

 

「ロボット」心理学 ~[ネオフィリア] - なぜ、人は新しいものを求め続けるのか (impress QuickBooks)

 

スピード時代のマイペース仕事術 ~自由時間を思い通りに増やす最小限の時間で「最大効率」のマイーペースを身につける (impress QuickBooks)

 

商売心得帖 (PHP文庫)

 

紙の本

かわいい子には「こづかい」をあげるな! ‾誰も教えてくれなかった人生に本当に役立つ「お金の取り扱い方」‾

 

頭のよい子が育つ片づけ術

 

 

2.感想

 

佐々木正悟さんの書籍

佐々木正悟さんはクラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう! で出会ってからのファンです。

 

kindleアプリの使い勝手の確認という意味も込めて、少々内容に重複があるかもしれないが、読んでみるかと思って次々読んでみました。

 

結果としては、やはり自分の興味に合致する内容で、どれも面白く読めました。

 

特に、「ロボット」心理学マイペース仕事術 は、「~の方法」シリーズよりも絞ったテーマについて書かれていて、面白かったです。

 

最近の佐々木さんの本で興味があったものは既に読んでいるので、次は何を読んでみるかを考えています。

 

ちなみにライフハックス鮮やかな仕事術―やる気と時間を生み出すアイディア (MYCOM新書) については去年のうちに読みました。

佐々木さんもToodledoの前はRemember The Milkを使っていた時期があったんですね。

 

かわいい子には「こづかい」をあげるな!

うちではまだ小遣い制度を始めていなかったので、この時期に読めて良かったと思いました。

 

金持ち父さんが作ったボードゲームのキャッシュフローもチラッと出てきましたが、そのうち家族でやろうと改めて思いました。

 

上の子がお金の勘定がわかるようになったら、下の子は私か妻とチームになって3組でやれば、みんなで楽しめるかな、と思っています。

 

頭のよい子が育つ片づけ術

私は片付けのできない人で、家庭での片付けは妻に任せっきりなので勉強になりました。

 

特に「収納指数」という、取り出すまでの手間を数値化するという考え方は、私のように片付けや収納に慣れない者には目から鱗の考え方でした。

 

試験勉強の参考書の置き場所や、スマホのアプリの配置の最適化等にも応用できる考え方だと思います。いろいろ整理してみたくなりました。

 

[この記事の執筆にかかった時間 41分]

 

[先週の勉強時間 2時間 15分]

先々週は 2時間 40分でした。

スポンサード リンク
移転先ブログ
プロフィール

坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)

Author:坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)
■信条
手間は少ない方が良い。
機械にさせられることは、機械にやってもらえば良い。人間は、人間様にしかできない仕事に力を割くべき。
自分の記憶力にはできるだけ頼らずにものごとを処理したい。

■環境
Windows7
スマホ:docomo SC-04E(Android4.2)

■その他
男児1人、女児1人の父親。
妻を含めて4人家族。
職業は司法書士。

■連絡先
Twitter:@sakane0958
mail:sakane@fluentlife.jp

2013年11月にブログを移転しました。
新ブログはこちら↓
http://fluentlife.jp/

リンク
にほんブログ村 司法書士試験
月別アーカイブ
TrackFeed
track feed 流れるような一日を(旧)
LECバナー
ブロとも一覧

ベテラン司法書士浪人生 合格への道  (それから)
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
スポンサード リンク
Author : Masayuki Sakane