[花粉症]今年のシーズンの振り返り

そろそろ島根では今年の花粉シーズンが終わりを迎えようとしているので、忘れないうちに今年の花粉症対策を振り返っておきたいと思いました。

 

来年、この振り返りによって良い花粉症対策のスタートを切れると良いと思っています。

 

1.今年新しく始めた習慣

(1)花粉症対策をカレンダー管理

こちらの記事で紹介したように、いつから花粉症対策を始めるか、シーズンが始まる前から準備をしてありました。

[花粉症]症状が出ている間に来年の段取りをしておく - 流れるような一日を

 

(2)マスク導入

これも下記の記事で紹介したように、今年から始めた習慣です。マスクは大変良いものだということが身に染みました。

 

[花粉症]マスク礼賛 - 流れるような一日を

 

今後も家に常備するつもりです。そして、来年の花粉症シーズンにも必ず使うだろうと思います。

 

(3)目薬の点眼を1日3回

Remember The Milkに登録して、朝、昼、晩の3回目薬を差すようにしました。差しているのは、ステロイドを含まないパタノール、ケトテンといった弱い目薬です。

 

その結果、眼にかゆみを感じたことは今シーズンはほぼ無く、アイボンのお世話になったのは、シーズン始まりの1回だけで済みました。

 

(4)アレグラをお試し服用してみた

 

71:花粉症になった時の治療・病院・薬について語る 7 | わろてまう.com
Gunosyでおすすめされた上記の記事の中から、下記のような情報を見つけ、アレグラを試してみたくなりました。 

 

377: 名前アレルギー 2013/03/10(日) 00:50:58.69 ID:nKZE2/mf
>>371
俺も色々細かく特徴を調べて、少しでも眠気対効果がいいものを探したが、
一般論として、抗ヒスタミン薬は全部、効き目と眠気は比例関係と言い切ってしまっていい気がする
唯一の例外はザイザル(ジルテックの、副作用があるのに効果が無い成分を除いたもの)。

効果=眠気の不等号はこんな感じ
アレグラ<クラリチン≦エバステル<アレジオン<ジルテック≦アレロック<<<セルテクト<<ポララミン

 

ザイザルを一部アレグラに変えて処方してもらい、服用してみたのですが、私の体質では眠気は全く感じないものの、防御力も感じられませんでした。

 

しかし、ザイザルを半錠ずつ飲む際のタイミング調整や、試験等で眠気が出ては困る時のおまじない的な使用に有用かもしれませんので、来年はもう少しじっくり使ってみたいと思っています。

 

2.運用の推移

シーズン前半:点鼻薬、目薬、マスク、飲み薬は控えめに

眠気を出しては困るので、できるだけ攻めの運用をしていた時期です。

 

朝晩の点鼻薬、一日3回の目薬、日中はマスクをして、飲み薬は朝にザイザル半錠を飲み、午後はそのままでいけそうであれば飲み薬無しで過ごしました。

 

シーズン中盤~後半:蓄膿症になり、点鼻薬停止、ザイザルを半錠ずつ朝と午後に服用

蓄膿症の症状が出始め、点鼻薬を止めてザイザルを半錠ずつ朝と午後イチに飲む運用に変えました。

 

点鼻薬を止めたのは、上記の「71:花粉症になった時の治療・病院・薬について語る 7 | わろてまう.com」の中でステロイド点鼻薬で真菌症が悪化、というという情報があったからです。

 

真菌はカビ系でしょうし、蓄膿の原因となる菌とは違うのでしょう。

 

私のケースとは関連が無い話かもしれないのですが、これまで花粉症シーズン以外には点鼻薬を長く続けた経験もありませんでした。

 

ともかく免疫には良くない影響があるのかもしれないな、と少し不安になったので止めてみました。

 

まずは蓄膿症から復帰することを目指したのですが、なかなか時間がかかり、結局、耳鼻科で抗生物質を処方してもらうまで蓄膿症は治り切りませんでした。

 

シーズン終盤:アレグラを本格的に試し始めるも、効果のほどがよくわからない

ようやく蓄膿症も治り、アレグラを試し始めるも、その実力を本格的に測る前に、シーズンがほぼ終わりを迎えた様子。

 

アレグラが効いているから鼻水が出ないのか、花粉が飛んでいないから鼻水が出ないのかがわからない。

 

来年は、もっと腰を据えてアレグラを試したいと思っています。

 

[この記事の執筆にかかった時間 35分]

[花粉症]マスク礼賛

1.マスクを習慣化したら手放せなくなった

今年から花粉症シーズンに毎日マスクをして外出するようになりました。

 

去年までは面倒だと思っていましたが、今までマスクをしなかったのがバカらしくなるくらい快適になりました。

 

実感したメリットを列挙してみます。

 

(1)花粉をブロックしてくれる

昔は、マスクをしていても隙間から入ってくるから、所詮マスクだけで全ての花粉をブロックできない。どうせ薬に頼らないとシーズンを乗り切れないから、マスクなんてしても無駄だ、と思っていました。

 

でも、マスクをしている間は吐いた息を吸うので、新規に取り込む花粉の量は激減するんですよね。

 

さらに、吐いた息を吸うことには他のメリットもあることがわかりました。

 

(2)鼻に湿度を与えてくれる

マスクをしている間、鼻や喉の湿度が上がります。

 

花粉が落ちるので加湿器が有効という話がありますが、マスクも同様の理由で有効と思われます。

花粉症をぶっ飛ばすために絶対やっておきたい9つの対策 | らふらく^^

個人的な感想ですが、湿度があった方が花粉が体内の奥まで届かず、鼻毛等でキャッチされる率が高くなる気がします。

 

また、私は蓄膿症になりやすい体質ですが、マスクをしていると蓄膿症にも良い影響があります。

粘度の高い鼻水が、外に排出されやすくなります。

 

私は蓄膿症になってしまった時は、寝る時にもマスクをして寝ることがあります。朝には外れていることも多いですが、起きたときに鼻や喉がマシなで起きられることが多いです。

 

(3)鼻毛をたくわえられる

鼻毛は天然の花粉フィルターですが、普段は人の目がありますので奔放に伸ばすわけにもいきません。

 

でも、日中マスクをしていると、伸ばしていても恥ずかしくないのです。

 

普段は私も定期的に鼻毛をカットしていますが、花粉症シーズンの間はカットしないことにしました。

 

2.マスクはまとめ買いしておくと便利

7枚入り程度のものを買って、切れる度にコンビニ等で買い足すのも良いかもしれませんが、50枚程度をまとめ買いしておくのが手間の面からオススメです。

 

リンクは通販のものですが、私は近所の薬局で買った50枚入りのものを使っています。

くしゃみ等で「汚れたな」と思ったときにも気軽に交換できるし、十分な量をまとめ買いしておくと便利です。

 

[この記事の執筆にかかった時間 24分]

[花粉症]症状が出ている間に来年の段取りをしておく

1.喉元過ぎれば熱さを忘れる

あなたは今シーズン、花粉症の対策は先手を打って開始することができましたか?

 

花粉症は早期に対策を始めることで、症状を軽く済ませることができると言われています。

 

しかし、シーズン前には花粉症の苦労を軽く考えてしまいがちです。

私もシーズン前には「鼻水は出たらその都度鼻をかめば良いだろう。死にはしない」とか、「目も痒くなることがありますが、目薬をさすと収まる場合がほとんど」とか思ってしまうのです。

 

1年経つと記憶は忘却の彼方です。去年どれくらい苦労したのか、もう忘れてしまいます。

 

来年の花粉症対策をベストな時期に始められるよう、熱いうちに鉄を打っておきましょう、という話です。

 

2.来年のためにやること

大したことではありません。次の2つだけです。

(1)来年のカレンダーにファーストアクションを登録しておく
(2)辛い時期の症状と実践している対策を記録しておく

 

(1)来年のカレンダーにファーストアクションを登録しておく

「花粉症の受診をする」「花粉症の薬を飲み始める」等、あなたの花粉症対策のファーストアクションを、カレンダーやタスク管理ソフトに登録します。

 

ちなみに私の場合、2月1日「点鼻薬を開始」としています。

 

症状が出始める前にそれらの行動を取り始めれば、きっと来年は今年よりマシな花粉症ライフを送れることと思います。

 

(2)辛い時期の症状と実践している対策を記録しておく

今、何が辛くて、どういう対応をしているのか、また、その対応を怠るとどういうことになるのか、症状が出始める前の時期であっても思い出せるように、記録を残しておきます。

 

これは、症状が出ている間の苦労が想像できずに先送りしてしまう、という悲劇を避けるためです。

また、いざ対策に着手しても、その中で面倒な部分は端折ってしまったりするものですが、それを防ぐためです。

 

現に症状が出ている間なら「ここまでの対策を取っておかないと、困った症状を防ぎきれない」ということが経験上良く分かっていますよね。

それを来年の自分にもわかるように教えてあげる、というイメージです。

 

(1)のカレンダーやタスク管理ソフトから参照できるようにしておくと、なお便利です。

私はEvernoteに記録し、RTMから参照しています。

 

手前味噌ですが参考記事として。はまラボに寄稿した記事です。

Evernoteにリマインダ設置!RTMを連携した@neunz19 の使用例

3.まとめ

・花粉症対策は先手必勝
・しかし、シーズン開始前には花粉症の苦労を忘れている
・そこで症状が出ている間に、来年の仕込みをしておく
(1)来年のカレンダーにファーストアクションを登録しておく
(2)辛い時期の症状と実践している対策を記録しておく

 

[この記事の執筆にかかった時間 41分]

[花粉症]症状軽減のために実践している習慣

1.服薬を最小限に減らしたい

私は司法書士試験という資格試験の勉強の時間を、朝と昼休みに確保しています。

 

普段は「いかにして勉強にとりかかり、時間を確保するか」が主な課題ですが、花粉症のシーズンは、飲み薬との闘いです。

 

体質の問題もあるのかもしれませんが、弱い飲み薬でも体内の濃度が高い間は集中力に影響が出ます。また、だるくなったり眠くなったりします。

 

いかに症状を軽く抑えながら、眠くならない程度に飲み薬の副作用を抑えるか、ということを念頭に置いて花粉症と闘っています。

 

2.自ら実践している習慣

(1)少し早めに点鼻薬を始める

私の場合は、耳鼻科で処方してもらうフルチカゾンという点鼻薬を、シーズン少し前から毎日点鼻します。

 

実は、今年から始めた習慣だったりします。

今年(2013年)は大して調べもせずに1月21日に点鼻を始めましたが、多分ここまで早くなくても良かったのだろうと思います。

 

通常は2月中旬に花粉が飛び始めるようなので、来年は2月に入ったら始めよう、と計画しています。

 

(2)マスク

実は毎日マスクをするようになったのも今年からです。去年まではチマチマとマスクを買うのも面倒、マスクをしたらしたで鼻水をかむのが面倒、とにかく面倒でマスクはしないことが多かったです。

 

しかし、今年は子供の通っている保育園でインフルエンザが流行し、その間は親もマスクをして送り迎えをしなければなりませんでした(マスクをしていても結局、子供も親もかかってしまいましたが)。

 

その過程で「マスクをまとめ買いしておくと便利だな」と思ったので大人用も50枚入りを近所の薬局で買い、花粉症対策として毎日使うようになりました。

 

毎日マスクを使うようになってみると、鼻をかむ回数も、くしゃみの回数も格段に減ったような気がします。

 

ちなみに、既に鼻水が出続けている状態になってしまうと、マスクを外して鼻をかんではマスクを付けて、と面倒な状態になり、マスクそのものが嫌になるので、いったん飲み薬等で鼻水が出続けない(もしくはたまに出る程度)まで症状を押し戻してから使うのが効果的だと思っています。

 

マスクと一緒に挙げられることの多いメガネについては、元々メガネ人なので普段からかけているメガネをそのまま使っています。

 

(3)帰ってきたら目の周りを洗う

普段から外出先からの帰宅時には手洗いうがいはしていますが、花粉症シーズンの間は、これにプラスして目の周りも軽く水で洗います。

 

顔全体を洗うとタオル等必要になってきますが、目の周りだけであればティッシュ程度でも済むので、面倒くさがらずにやると良いと感じています。

 

(4)洗濯物は室内干しにしてもらう

洗濯物は普段外に干すことが多いのですが、花粉症シーズンの間は外に干さないように妻にお願いをしています。

 

ただ、室内で洗濯物を干すスペースというのは限られているので、やはり外の物干しは魅力的なようで、できることなら外に干したいそうです。

雨の日は花粉の飛び方が少ないらしいので、雨の日ならOK、という約束にしています。

 

(5)換気は朝か晩に

晴れている昼間に換気をすると、大量の花粉を室内に取り込んでしまうことになります。

 

換気は花粉の少ない朝か夜にした方が良いらしいです。

 

3.他にも多数の対策が存在するようです

上記は私が実践している習慣のうち、すぐに思いつく5つです。

下記の記事にも複数の対策が紹介されていますので、参考にしてみて下さい。

 

花粉症のあなたに伝えたい。誰でもできる7つの花粉症の対策 | コレイイ(・∀・)

 

花粉症をぶっ飛ばすために絶対やっておきたい9つの対策 | らふらく^^

[この記事の執筆にかかった時間 54分]

[花粉症]飲み薬の服用タイミングを工夫する

1.早起きを継続し、資格の勉強に集中できる体調を確保する

花粉シーズンが始まる前に書いた記事では、点鼻薬、目薬をメインにして飲み薬は極力使わない方針で眠くならない花粉症対策を謳いました。

 

しかし実際にシーズンが始まってみると、局所療法だけでは限界があり、飲み薬に頼らざるを得ませんでした。

 

そんな中、シーズン前までの早起きしての資格勉強を継続する飲み薬の飲み方が確立できてきたのでご紹介します。

 

点鼻薬、目薬を使いつつ、飲み薬で弱いバリアを張って、副作用を最小限にやり過ごすことを目指しています。

 

2.集中したい時間帯が済んでから飲む

私が飲み薬として服用しているのは、ザイザルという錠剤です。一日一回、夜に1錠を飲むのが本来の用法です。

 

私は朝のだいたい5時台、子供達が起きてくる前の時間帯と、昼休みの昼食後に資格試験の勉強時間を取っています。

 

しかし、本来の夜に飲む用法だと、朝にどうしてもゴロゴロしてしまい、早起きできないことが多いのです。当然、勉強どころではありません。

 

そこで原則、夜には花粉症の薬は飲みません。朝の勉強が終わり、子供達と朝食を食べた後に半錠に割ったものを飲むようにしています。

 

私は昼間の仕事の大部分は室内の仕事で、マスクも最近はするようになったので、朝の半錠だけでやり過ごせることも多いです。

 

花粉症の症状が強く出る場合は、昼休みの後にもう半錠を追加で飲みます。

 

3.メリットも大きいですが自己責任で

私は、薬というものは本来は処方された用法の通りに飲むのが原則だと思っています。ザイザルが夜飲むように処方されているのも、眠気の影響を最小限にするためでしょう。

 

早起きできる、集中したいときに集中力を発揮できるということは大きなメリットですが、リスクもあります。

 

私の場合は、毎日子供と一緒に寝るので睡眠リズムは安定していますし、睡眠時間が6時間半を切ることはありません。

 

不規則な生活の方や、長距離の自動車の運転等をされる方は、安易に真似をしない方が良いかもしれません。

[花粉症]目のかゆみにはアイボン

1.眼球を取り出して丸洗いしたい衝動

資格取得の勉強のために眠くならない花粉症対策を追究していますが、鼻水と目のかゆみが私の主な症状です。

 

花粉症シーズンが始まる前に書いた下記の記事では「目も痒くなることがありますが、目薬をさすと収まる場合がほとんど」などと書きましたが、シーズンが始まってみると目のかゆみもそんな生やさしいものではないことを思い出しました。

 

[花粉症]眠くならない花粉症対策 - 流れるような一日を

喉元過ぎれば熱さを忘れるというやつですね。

 

2.定期的に目薬をさす

まずはかゆくてたまらない状況をまねかないことが大切だと思っています。

 

花粉症の症状として、鼻水だけでなく目のかゆみもあると伝えれば、耳鼻科であっても目薬も処方してくれます。

 

これを携帯しておくと出先でもすぐに使えるので、予防的に朝昼晩など定期的にさすようにします。

 

3.我慢できないときはアイボンと飲み薬

炎症がひどくなってしまったら、アイボンと飲み薬で対応します。

 

(1)アイボン

アイボンは「眼球を取り出して丸洗いする」という感覚に一番近い結果を得られると思っています。

成分に「クロルフェニラミンマレイン酸塩」等含まれており(確か、抗アレルギー系のお薬だったと思います)、単純に洗うだけでなくアレルギーを抑える効果も期待できます。

 

結構場所をとる上、コストパフォーマンスもそれほど良くありませんが花粉症シーズンには手元に置いておきたい一品です。

以前、花粉症シーズンでない時期に妻から「使ってないなら捨ててもいい?」と聞かれてOKしたものの、シーズン開始後、新たに購入したりしたこともあります。

 

(2)飲み薬

飲み薬は眠くなりますが、炎症がひどくなっているときにはアイボンや目薬だけではなかなか収まらないことが多いです。

いったん飲み薬で症状を押さえ込んでからの方が、その後の目薬等の対策が活きてくると感じています。

 

[この記事の執筆にかかった時間 30分]

[花粉症]眠くならない花粉症対策

1.眠くては勉強にならない

私が合格を目指している司法書士試験は7月の第1日曜日にあります。

花粉症シーズンは2月~5月といったところでしょうか。

例年、試験前の重要な時期に花粉症との闘いがありました。

 

眠気と闘いながらぼんやりした頭で考えるのが大変なら、鼻をかみながら重い頭で考えるのも大変。

また、鼻水が継続的に出ている状況は、すぐに蓄膿症へと発展し、QOLを低下させます。

 

そんな闘いにも、ここ数年は勝てるようになりました。

近年私の中でその必勝パターンが固まってきたので紹介します。

 

試験勉強以外にも、仕事でクルマの運転をする方にも有用な話かもしれません。

 

2.飲み薬では限界がある

まず、飲み薬は伝家の宝刀として、どうしても症状が抑えられない時のみ飲みます。飲み薬はどうしても眠くなってしまうからです。

 

最近は新しいタイプの飲み薬も出ているらしく、去年は「ザイザル」というお薬を処方してもらいました。

処方してくれた先生曰く、花粉症を抑える効果と眠気は比例するのだが、このザイザルはその抑える効果と眠気の比率がマシなのだとか。

 

その後、飲み薬が無くなるとザイザルを処方してもらうようにはしていますが、マシなだけで眠くはなります。

 

具体的には、私の場合は寝る前に1錠丸々飲むと、翌朝の早起きには明確に悪影響が出ます。

やむを得ず飲む時には、小さい錠剤ではありますが半分に割って、寝る前に半錠、朝に半錠と分けて飲むようにしています。

 

3.局所療法をメインに

私の場合、主な症状は「鼻水」です。

目も痒くなることがありますが、目薬をさすと収まる場合がほとんどです(普段メガネをかけているからマシなのかもしれません)。

 

鼻水対策の基本は「フルチカゾン」という点鼻薬を寝る前と朝にスプレーすることです。

 

点鼻薬を初めて処方された時は、何だか怖いというか、気持ちが悪いというか、なかなか使う気になれなかったものです。

しかし、継続して使ってみると眠くならないのがとても大きなメリットであることがわかり、今では主戦力として手放せない存在になっています。

 

注意点としては、鼻水がダラダラ出始めてしまってから点鼻薬を点鼻しても効果が薄いということです。

鼻水がいったん出始めてしまった場合は、飲み薬で鼻水をいったん止めた後や、風呂上がりなど、鼻水が次々と出ない状態にリセットしてから点鼻し、その後は点鼻を忘れないように継続する事が肝要です。

 

4.まとめ

・眠気を抑えたいなら飲み薬は最小限に

・点鼻薬と目薬で眠気の無い花粉症対策

・点鼻薬は鼻水が出始めてから使っても効果薄

・点鼻を継続して鼻水無し状態をキープすべし

 

[この記事の執筆にかかった時間 28分]

スポンサード リンク
移転先ブログ
プロフィール

坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)

Author:坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)
■信条
手間は少ない方が良い。
機械にさせられることは、機械にやってもらえば良い。人間は、人間様にしかできない仕事に力を割くべき。
自分の記憶力にはできるだけ頼らずにものごとを処理したい。

■環境
Windows7
スマホ:docomo SC-04E(Android4.2)

■その他
男児1人、女児1人の父親。
妻を含めて4人家族。
職業は司法書士。

■連絡先
Twitter:@sakane0958
mail:sakane@fluentlife.jp

2013年11月にブログを移転しました。
新ブログはこちら↓
http://fluentlife.jp/

リンク
にほんブログ村 司法書士試験
月別アーカイブ
TrackFeed
track feed 流れるような一日を(旧)
LECバナー
ブロとも一覧

ベテラン司法書士浪人生 合格への道  (それから)
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
スポンサード リンク
Author : Masayuki Sakane