[Dropbox]マスターマネーをクラウド家計簿にする

1.記事を書くきっかけ

単純作業に心を込めてさんのこのような記事を見たので、私も自分の環境を記事にしてみることにしました。

 

Let’s 家計簿を、Dropboxを使って、クラウド対応家計簿として使う(非公式・自己責任) » 単純作業に心を込めて

 

大きな枠組みとしては、単純作業に心を込めてさんと同様ですので、独自部分のみ書いてみます。

 

2.マスターマネーという家計簿ソフトを使っています

マスターマネー6

 

以前は家計簿マムというソフトを使っていました。家計簿マムに不便を感じたのは、そのマウス使用を前提に作られたインターフェース。パソコン初心者向けには直感的で優れていると思いますが、キーボードだけでガシガシ入力してしまいたい人間にはストレスでした。

 

それから乗り替えたマスターマネーの良いところは、キーボードだけで入力ができること、CSV等のインポート、エクスポートができることです。

 

ちなみに不満もあります。

 

Alt+Tabで画面の切替をした際に、カーソル位置が移動してしまうという問題(どうも私のAlt+Tabの押し方に問題があるようです)が不便なのですが、家計簿ソフトとして必要な機能は一通り備えた高機能なソフトだと思います。

 

3.タスク管理アプリ→Evernote→家計簿アプリと連携させる

(1)Dropboxのパスを各PCで合わせる

私の場合は各PCにて「C:\Shared\Dropbox」と設定しています。ここに家計簿のデータを置くことによって、同一のショートカットを各PCで使い回せるようになります。

 

(2)家計簿作業用のノート(Evernote)を用意する

(3)ショートカットを上記ノートに貼り付ける

具体的内容は下記のはまラボへの寄稿記事に詳しく書いています。

Evernoteにリマインダ設置!RTMを連携した@neunz19 の使用例
Toodledo等のタスク管理ツールのタスクから、流れるように家計簿入力を始められるようになり、取りかかりがスムーズになります。

 

[この記事の執筆にかかった時間 30分]

[Dropbox]Wappwofで写真を複数のクラウドサービスに転送する(その2)

1.wappwolfでどんなことができるか


Dropboxの特定のフォルダに入ったファイルにつき、様々な自動処理を行わせることができます。
目に付くところでざっと挙げただけでもこれくらいのことができるようです。

・写真なら、Facebook/Flicker/Picasaへの転送
・文書ファイルなら、PDF/TEXTへの変換、kindleへの転送
・あらゆるファイルについて、メール送信/各種クラウドストレージへの転送

2.つまづいたポイント


(1)Dropboxのルートフォルダにしか設定ができないのかと思った


私は少し怖いのでDropbox全体へのアクセス許可でなく、アプリフォルダ配下への限定許可で使っています。

最初に使い始めた時、Dropboxのルートフォルダが最初に表示された後に配下のフォルダに移動できないのかと思わされることがありました。

実際には読み込みに時間がかかったか何かで、すぐに解決はしたのですが、Dropbox全体へのアクセス許可しないとまともに使えないのか、とかルートフォルダにしか設定ができないのなら使いづらいな、とかいろいろ心配した記憶があります。

(2)作ったAutomationのEditができない?


これは今でも謎なのですが、既存のAutomationをいじりたい時に、DeleteしてからAddするしか方法が無さそうに見えるのです。
しょっちゅういじるわけではないのですが、いじりたい時には不便です。

(3)フォト蔵にメールでアップロードできなかった


これは、フォト蔵へのアップロードを最終的にあきらめた(Picasaのバックアップで十分と割り切った)のですが、タイトルが「[フォト蔵] 登録できませんでした」、本文が「ファイルが添付されていません。」というエラーメールがフォト蔵から届くのです。
実際にアップロードもされていませんでした。

手動でメーラーからメールを送るとちゃんとアップロードできるので、Wappwolfとフォト蔵の相性かと思い、これ以上調査しても無駄かと思ってあきらめました。
フォト蔵の優先度も高くありませんでしたし。

3.現在の構成


この記事で紹介したように、Eye-Fiを介して写真の転送環境を作っています。

Evernoteが最優先だったこと、Eye-Fi→Dropboxはクラウドのみで実現できなさそうだったことから、自宅PCのローカルフォルダ経由で実現しています。
EyeFiRenkei.png

具体的には、Eye-FiヘルパーがインストールされているPCにて、Eye-Fiの「パソコン」の保存先を「C:\Shared\Dropbox\Apps\Wappwolf\Eye-Fi\photos」にして、そのPCでそのフォルダに写真が入るとDropboxがアップロード、クラウド上でWappwolfが発動してPicasaに写真を転送、Dropboxから写真を削除、ということが行われます。削除はしない設定にもできます。

私の使っているAutomationの記述

/Apps/Wappwolf/Eye-Fi/photos (Dropbox)
Every time you put a file in the folder photos,
Upload it to Picasa / Google + and
Delete the original file



4.感想


自宅PCを介す必要があり、全くのクラウド→クラウドな使い方ではないのですが、やりたいことを手間無くやってくれるので気に入っています。

[この記事の執筆にかかった時間 31分]

[Dropbox]Wappwofで写真を複数のクラウドサービスに転送する(その1)

1.Wappwolfの紹介



昨日の記事でWappwolfに触れましたが、まだまだメジャーなサービスでないことに思い至り、急遽Wappwolfの紹介記事を書くことにしました。

そもそもの発端は、クラウドサービスの写真管理と言えばPixelpipeが有名なようですが、Pixelpipeがいつまでたっても新規ユーザーを受け付けないことにありました。

http://pixelpipe.com/


ここに下記のように書かれているのですが、

We're hard at work on a big service update & have closed new user registration.


私の英語解釈が間違っていなければ、今は新規ユーザーを受け付ける余裕がない、という表示だと思います。
状況が変わっていないか、ちょくちょくチェックしていますが、もう半年以上はこの状態ではないでしょうか。

さすがに他の選択肢を検討するべきかと重い腰を上げたのでした。

2.たまたまWappwofというサービスを見つけた


確かこちらの記事だったと思うのですが、Wappwolfというサービスを知り、使い始めました。

Dropboxに入れた写真が自動的にFacebookへ! オンラインストレージをめちゃくちゃ便利に活用する方法



Wappwolfそのもののサイトはこちらです。

http://wappwolf.com/dropboxautomator/



時間が無くなってしまったので、明日自分の構築した環境等を書きたいと思います。
少しとっつきにくいツールかな、と思います。

[この記事の執筆にかかった時間 30分]

[Dropbox]防災無線のお悔やみをクラウド化

1.「防災無線」「お悔やみ」とは

都会に住んでいる方には何のことかわからないかもしれませんが、田舎の方では「防災無線」なるものがあり、定刻に市役所からのお知らせや、亡くなった方のお悔やみ情報が流されます。
この「お悔やみ」の情報を、Dropboxを経由して、PCからでもスマートフォンからでも確認できるようにしようじゃないか、というのがこの試みです。

都会の方は、お悔やみ情報など新聞を見ればいいじゃないか、と思われるかもしれませんが、情報が新聞より早いことがあったり、耳から情報が得られるなど、田舎の人間にとっては、それなりの重要度を持つ情報ソースです。

2.敵(お悔やみ)の特徴

1.流れる時刻に防災無線の前にいないと聞けない。
2.知らない人の情報がほとんど。
3.情報そのものは正確。
4.後から聞き返したくなることがよくある。

3.仕組み

全体像そのものは簡単な話です。

防災無線とパソコンのマイク端子をラインで繋ぎ、定刻にタイマー録音できるソフトで録音。音声ファイルをDropboxで同期してやる。

4.防災無線とパソコンを繋ぐ

下記のような両方がオスになっているコードを電器店等で購入します。

ハイパーツールズ ステレオミニプラグ-ステレオミニプラグケーブル(5m) SMP-050(Amazon)


防災無線の出力と、パソコンのマイクの方の穴(赤い方)を繋ぎます。
うっかりパソコンのイヤフォンの方の穴(緑の方)に繋いでしまうと、何も録音されないので、注意が必要です。

5.ソフトの設定

ロック音・MT


というソフトを使って、録音をしています。
最終的なフォーマットはMP3になるように設定しています。
詳細はリンク先のサイトにも詳しく説明されていますので、それを参照していただきたいと思います。

なお、防災無線でお悔やみが流れる時間を調査しておく必要があります。
ちなみに私の住んでいる地域では、
07:10
12:05
18:05
20:30
の一日4回、お悔やみ放送が流れています。

6.ファイルは上書き保存する

それぞれ、「防災無線_0710.mp3」「防災無線_1205.mp3」のようなファイル名で保存しているのですが、ポイントは同じファイル名で上書き保存されるようにすることです。

まず、上書き保存の方が、アップロード容量を圧迫しません。新規ファイルを次々作っていると、定期的に削除する手間が発生します。

それから、ほとんどの場合、お悔やみ情報を参照したい時というのは、直近の情報が参照できれば十分なので、特殊な状況を除いてはそれで用が足ります。

また、Dropboxでは変更履歴を遡ることができるので、同じファイル名で上書きしていても、後から過去のバージョンにアクセスすることができます。
Androidからはアクセスできず、PCからしか過去のバージョンは拾えませんが、それができれば十分ではないかと思っています。

7.Androidでストリーミングになるのを回避する

AndroidでDropboxから音声ファイルを再生しようとすると、ストリーミング再生になってしまうことがあります。
ストリーミングでは、例えばお悔やみが2件あり、2件目が聞きたい時に、1件目をskipできなかったりします。

きちんと調べたわけではないので、確実な方法かどうかが確証が持てないのですが、Dropboxから直接開くのでなく、いったんローカルにダウンロードすると、以後同じファイルをDropboxから開くと、ローカルのファイルを更新して開いてくれるようになったと記憶しています。
その後は、Dropboxから開いても、まず全体がダウンロードされ、その後ストリーミング状態でなく全体が表示され、再生位置の変更もできるようになったと記憶しています。

ダメ元で一度試してみて下さい。
スポンサード リンク
移転先ブログ
プロフィール

坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)

Author:坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)
■信条
手間は少ない方が良い。
機械にさせられることは、機械にやってもらえば良い。人間は、人間様にしかできない仕事に力を割くべき。
自分の記憶力にはできるだけ頼らずにものごとを処理したい。

■環境
Windows7
スマホ:docomo SC-04E(Android4.2)

■その他
男児1人、女児1人の父親。
妻を含めて4人家族。
職業は司法書士。

■連絡先
Twitter:@sakane0958
mail:sakane@fluentlife.jp

2013年11月にブログを移転しました。
新ブログはこちら↓
http://fluentlife.jp/

リンク
にほんブログ村 司法書士試験
月別アーカイブ
TrackFeed
track feed 流れるような一日を(旧)
LECバナー
ブロとも一覧

ベテラン司法書士浪人生 合格への道  (それから)
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
スポンサード リンク
Author : Masayuki Sakane