[資格勉強]ポモドーロで勉強時間を増やす

1.ポモドーロテクニックとは

私は下記の@jun0424さんの書籍で知ったのですが、「25分集中して5分休むサイクルを繰り返しながら作業を行う」という集中テクニックです。

 

 

そんなことで効率が上がるのか?と思うかもしれませんが、私は効果のあるテクニックだと思っています。

 

2.ポモドーロ導入によるメリット

(1)勉強にとりかかるハードルが下がる

休憩を端折るとすれば最低25分あれば1単位できるわけですから、ちょっと空いた時間があれば、「1ポモドーロやるか」という気持ちにもなれるわけです。

 

私は平日の朝と昼休みに1ポモドーロずつ過去問をやることにしていますが、これをそれぞれ1時間確保しようと思ったらなかなか継続できなかっただろうと思います。

 

(2)終わりが見えていると集中できる

いったんポモドーロに突入してしまうと、「あとX分で終わるんだから、その間はがんばろう」という気持ちになれるものです。

 

私はメールやtwitterの通知が鳴っても、ポモドーロが明けてから確認しよう、と自分ルールを決めています。

 

また、たくさん間違えた答練(模試)の復習などは、理性では「時間が空く前に復習しよう」と思う一方、答練を受けた後の疲れ切った頭で一気にやり切るのが難しいことも多いです。

 

そんな時も、1ポモドーロずつ切り崩していこう、と考えて進めていくことができれば、その日のうちに消化できたりもします。

 

(3)結果として勉強時間が稼げる

私は勉強は質云々よりも、まずは勉強時間をたくさん確保していくことが最重要と思っています。

 

そして、勉強時間の確保の最大の敵は、自由時間の中でその自由時間を勉強に充てるかどうかを判断する自分の心だと思っています。

 

勉強に取りかかるハードルが低くなった分、たくさん勉強時間が取れるようになることはとても大きなメリットであると感じています。

 

3.ツールの紹介

純さんの書籍では、「Pomodoro Time Management」「Concentrate! timer」というiPhoneアプリ、「TimerTab」というWebタイマー(パソコン用)が紹介されていました。

 

私はAndroidユーザですので「pomodroid」というAndroidアプリを使っています。

Pomodroido: A Pomodoro Timer
制作: Flying Signals
価格: 無料
平均評価: 4.5(合計 1,190 件)
posted by: AndroidHTML v2.2

 

カチカチと音が鳴らせるのと、こなしたポモドーロ数によってLevelが上がる機能があるという部分にひかれて使い始めましたが、途中で音が鳴らなくなったりします。

 

ほかに良いアプリがあれば乗り替えたいな-、という思いを抱きつつ、とりあえず25分と休憩が管理できれば十分なので使い続けています。

 

なお、アプリの選択肢はたくさんありますので、お好みのものを探してみるのも良いと思います。オススメのものがありましたら教えて下さい。

 

[この記事の執筆にかかった時間 40分]

[資格勉強]試験事務と試験勉強を区別する

1.勉強からの逃げ道になりやすい

私もよくやってしまうのですが、勉強以外のことをやって勉強した気になる、というパターンは思いのほか勉強時間を減らしてしまう要因になります。

 

例えば、

・使うかどうかわからない参考書の自炊

・答練(模試)の成績の必要以上の分析

 

こういう作業は勉強をしない逃げ道になりますし、勉強よりも取りかかりやすい。そして、ついついキリの良いところまで終わらせよう、と思ってダラダラと続けてしまいがちです。

 

純さんの記事でもオチに使われるくらいですから、誰でもよくやってしまう過ちではないでしょうか。本当に大事なのは仕込みの後の勉強です。

 

Evernoteで資格勉強!暗号化を利用した勉強ノートを作ってみる « 純コミックス

 

2.「合格に必要な知識が増えるかどうか」を自問しましょう

まずは、その作業にかけた時間が合格に繋がるのかどうかを考える必要があります。

そこが曖昧なままでは軌道修正はできません。

 

例えば私のケースでは、ブレークスルーというLECの教科書的な参考書があるのですが、これをスキャンしたりClearScanをかけたり、圧縮したり、ということに手間をかけていましたが、全科目が必要なわけではありませんでした。

 

自炊後にこれまでに使ったことがあるのは不動産登記法と民法くらい。

逆に言えば、それ以外の科目のブレークスルーにかけた事務作業は無駄になる可能性が高いです。

 

そういう作業は必要最小限に留め、勉強時間を最優先で確保していくことが大事だと、自戒を込めて思います。

 

私は試験勉強は第2領域、試験事務は第1領域と区別し、試験勉強はできるだけ長く確保するように、試験事務はできるだけ短く済ませるように意識しています。

 

[参考図書]

[この記事の執筆にかかった時間 37分]

[失敗学]繰り返したくない失敗をテンプレートで分析、対策を考える

1.テンプレートの紹介

 

前回の記事で紹介した「失敗学のすすめ (講談社文庫)」の中に出てくるテンプレートを紹介します。

 

事象
経過
原因
対処
総括
知識化

 

これらの項目について失敗の記録を起こし、実際に失敗を経験していない人にもその失敗を疑似体験させ、失敗のチカラを伝播させようというテンプレートです。

 

書籍にはわかりやすい具体例が2つほど載っていたのですが、短い方でも2ページ少しあるので転記は省略させてもらいます。

私の具体例を後ろに載せていますので、それを見るか書籍を参照してみて下さい。

 

[2013年2月11日追記]書籍に記載されていた具体例(短い方)をようやく打ち込んだので、紹介します。

タイトル「期日にちゃんと納品できなかった」

事象
取引先から制作を依頼された宣伝用のビデオを、納品を約束した期日までに届けることができなかった。

経過
A社から小売店向けに新商品を説明するビデオの制作を依頼された。ほかにも仕事が多々入っていたが、なにぶんはじめての依頼だったので、将来の取引拡大を考えてある程度の無理は承知で受けることにした。
無理といっても制作スケジュールの調整で十分対応できる範囲内に思えたが、別の取引先のB社の仕事で思わぬトラブルが発生。担当者がそちらの対応にかり出されてしまい、この時間ロスが響いてA社との約束の日までに間に合わず、事情を話して一週間遅れの納入を納得してもらった。

原因
B社は最も大事な得意先で、対応を間違えてもしも以降の仕事を切られるようなことになったら会社にとっても致命的である。社内的には、すべての仕事においてB社のものが優先されるにもかかわらず、末永く付き合っていく取引先になってもらいたいという気持ちから、ついA社から出された無理な条件での注文をそのまま受けたことがまちがいだった。

対処
A社の担当者、担当役員のもとへ直接出向いて心からお詫びをし、社内の上司とも相談して料金を割り引くことで納得してもらった。なお、ケガの功名というべきか、このトラブルをきっかけにA社の担当者とは懇意になれた。

総括
どんな事情があれ、納期に遅れたことは許されないことである。一方、得意先のB社からの仕事によって成り立っている会社で、それ以外からの注文を無理なスケジュールで処理していくことは難しい。短期間で仕上げてA社からの評価を高めようとしたとはいえ、後先のことを考えずに無理なスケジュールを安易に承諾したことは間違いだった。
遅延の直接の原因だったB社のトラブルは予想外のものだったので、今回の一件で社内的に責任を問われることはなかった。しかし、ある程度の無理を承知で仕事を受けるなら、少なくともB社がらみの仕事の進行具合を事前に確認するなど、反省すべき点は多い。

知識化
無理な注文をこなして取引先から評価されるには、必ず約束を守らなければならない。急なトラブルにも対応できるように、スケジュール調整には細心の注意を払うべきである。
また、クレーム処理はとにかく誠実な対応が一番である。運がよければ、それがきっかけで取引先といい関係を結ぶことができる可能性もある。

失敗学のすすめ (講談社文庫)p128~p130

 

2.共有しないと効果は無いのか?

書籍の中では、失敗の情報を共有するために上記のテンプレートが紹介されています。

 

しかし、失敗とは隠すものではなく共有するものだ、という周りへの啓蒙活動などから始めるとなかなかハードルが高いので、私は自分用の記録からスタートしています。

 

どんな失敗でも記録しようとすると時間がいくらあっても足りませんが、例えば

 

・「やってしまった」と激しく後悔し、もう二度と同じ失敗を繰り返したくない

・度々繰り返しているけれどもなかなか改善できない

 

という失敗について、このテンプレートに沿って記録をすると、

 

・原因について冷静に分析ができたり

・書いているうちに対策案を思いついたり

 

ということが起きてきます。

 

3.具体例

私が作っている失敗ノートの具体例を示してみます。

failureExampleRegStamp

今のところは自分用の記録なので、自分がわかればよいというレベルで書いています。

 

知識化の項はなかなか書けずに終わってしまうことも多いのですが、そのうち書けるようになるかも、とのんびり構えています。

 

4.まとめ

・失敗の分析にはテンプレートを活用すると良い

・テンプレートに沿って整理するうちに、原因に思い当たったり、対策を思いつくことが多い

 

[この記事の執筆にかかった時間 55分]

[先週の勉強時間 9時間30分]
先々週は 9時間50分でした。


[2014年4月20日追記]
記事冒頭の失敗学のすすめ再掲。

[司法書士試験]択一過去問用の解答用紙を準備する

1.初年から続けている習慣の一つ

こういう解答用紙のフォーマットを自作して、択一過去問を解く際に使っています。

 

AnswerSheetSample

 

定期的に「解答用紙印刷」というタスクが発生するので、少し手間かもしれませんが、こんなものを使い続けるメリットを次に説明します。

 

2.メリット

(1)自分の選んだ○×を頭で覚えておかなくて良い。消しゴムで消す必要も無い。

択一の過去問は、何度も何度も解きます。

 

kakomonSample17-12

問題冊子に自分の答えを書き込むと、次に問題を解く際の妨げになります。

かといって頭で自分の答を覚えておくというのも、無駄に認知リソースを浪費するので効率が悪いと思います。

 

解答用紙に書くことにすれば、その辺りのことがスムーズに解決します。

 

ちなみに、日付の下の○×△は、自分の解答が合っていた、間違っていた、合っていたけれども自信が無かった、という答え合わせ後の結果を示しています。

解答用紙で言うところの「正誤」の欄を転記したものです。

 

(2)計量が楽チン

5×4で作ってあるので、今自分が何問解いたのかがすぐに数えられます。Studyplusに勉強成果を登録する際にもすぐにわかります。

 

また、1枚20問ですから、5枚で100問。累計でどれくらい解いたのか、枚数を数えればわかります。

 

(3)残しておくと自信に繋がる

また、この解答用紙は使った後も全て紙媒体のまま保存しています(最近のものはEvernoteにも入れています)。

 

1枚使い切った後はどんどん捨てるというのも一つのやり方だと思うのですが、試験前日に、「これだけのことをやってきたのだから、あとは自分を信じてがんばろう」という振り返りをしたいのです(初回の受験時にも実際にやりました)。

 

AnswerSheetStack201302

ちなみに、現在はこんな感じです。旧年分も含めるとそれなりのボリュームになっています。

今年はぜひ花を咲かせたいものです。

 

[この記事の執筆にかかった時間 48分]

[司法書士試験]司法書士試験とはいかなる試験か

私の人生における直近で最大の目標が「2013年度司法書士試験合格」なのですが、ブログにおいてそれについて熱く語りたくなりました。

 

前提として、司法書士、司法書士試験とは何ぞや、ということを簡単に説明しておかなければ失礼かな、と思いこの記事をまず書くことにしました。

 

1.司法書士とは

ざっくり説明すると、不動産登記や商業登記といった法務局関係と、裁判所の関係の事務手続きをお客様の代わりに行うお仕事です。

 

世間ではあまり知名度の高い資格ではありませんね。

ちなみに、よく間違えられる行政書士とは異なる資格です。

 

2.司法書士試験とは

(1)司法書士試験の難易度

司法書士 資格 難易度

こちらのサイトによると、司法書士試験の難易度は税理士と同じくらい、公認会計士ほど難しくはない、といった分類になるようです。

 

試験に合格するまでに必要な勉強時間については、最低1400時間程度というものからあります。

資格のお話(司法書士試験は1400時間程度の学習時間で本当に通れるのか???)

 

ただ、何年かかっても積算で1400時間勉強しさえすれば合格水準の知識を手に入れられるというような試験ではなく、間延びした間隔でその時間勉強したところで合格水準に達することは難しいです。

 

試験戦略においては、効率の良い試験勉強と、試験当日に向けたスケジュール管理が重要な意味を持つ試験だと思っています。

 

(2)司法書士試験の特徴

試験範囲が11科目と広く、正確な知識が要求されるので暗記がメインの資格になります。

「11科目の皿回し」と表現されることもあります。

11枚のお皿を全て落とさないようにどうにか回しながら試験当日を迎える、という趣旨の例えです。

 

マークシート式の択一問題(午前・午後)と、申請書を書かせる書式問題(午後のみ)が毎年出題されます。

択一と書式のある午後試験は時間が厳し目なので、正確な知識とともに事務処理能力も試しているのだ、とよく言われています。

 

午前択一、午後択一、午後書式それぞれに足切りがあり、択一が足切りをクリアーしていないと書式は採点すらしてもらえません。

書式の採点を受け、足切りをクリアーして初めて最後の土俵に立つことができ、その中の上位から合格者が決まるという仕組みになっています。

 

皿回しの例えからもわかるように、苦手科目があると辛い試験です。

 

5.受験生としての私のスペック

2013年2月9日現在33歳。

職業は司法書士補助者。

義父と妻が司法書士。

大学は国公立、学部は農学系。

司法書士受験生歴はかれこれ5年になろうかというところ。

 

6.私の基本戦略

(1)司法書士7カ月合格法

 

この本が私の戦略の基本になっています。

過去問さえ十分に解いていれば、あとは書式の対策をするだけで司法書士試験に短期合格することは可能だ、という話は本当だと思います。

 

私は7カ月では合格できませんでしたし、真似をして挫折したという話もよく聞きますが、だからといってこの本にケチをつける理由にはならないと思います。

 

著者のように勢いに乗って突き進めることができるかどうかは、思いの強さや性格や、いろいろなファクターがあると思うので誰にでもできることではないと思いますが、ここまでやれば合格はできた、という一つの成功事例だと思うのです。

 

この本を参考に受講する答練も構成していますし、過去問重視の勉強スタイルもこの本に倣っています。

 

(2)海野メソッド(今私が勝手に命名しました)

LECの海野禎子講師の「一発合格講座」iPod版(収録された講座は確か2007年合格目標のもの)を購入して勉強したので、海野講師の勧めるやり方も戦略に大きく関わっています。

 

7カ月合格法では、手に入る全ての過去問をとにかく回すという戦略なのですが、全過去問となるとボリュームがかなりあるため、専業受験生でない場合にはあまり現実的ではありません。

海野メソッドでは、全ての過去問の中から、全分野を網羅するように過去問を抽出し、その限られた範囲の過去問をグルグル何回も回す、というものです。

 

実践していますが、大変に効果的なメソッドだと思っています。

 

[この記事の執筆にかかった時間 約60分]

[花粉症]眠くならない花粉症対策

1.眠くては勉強にならない

私が合格を目指している司法書士試験は7月の第1日曜日にあります。

花粉症シーズンは2月~5月といったところでしょうか。

例年、試験前の重要な時期に花粉症との闘いがありました。

 

眠気と闘いながらぼんやりした頭で考えるのが大変なら、鼻をかみながら重い頭で考えるのも大変。

また、鼻水が継続的に出ている状況は、すぐに蓄膿症へと発展し、QOLを低下させます。

 

そんな闘いにも、ここ数年は勝てるようになりました。

近年私の中でその必勝パターンが固まってきたので紹介します。

 

試験勉強以外にも、仕事でクルマの運転をする方にも有用な話かもしれません。

 

2.飲み薬では限界がある

まず、飲み薬は伝家の宝刀として、どうしても症状が抑えられない時のみ飲みます。飲み薬はどうしても眠くなってしまうからです。

 

最近は新しいタイプの飲み薬も出ているらしく、去年は「ザイザル」というお薬を処方してもらいました。

処方してくれた先生曰く、花粉症を抑える効果と眠気は比例するのだが、このザイザルはその抑える効果と眠気の比率がマシなのだとか。

 

その後、飲み薬が無くなるとザイザルを処方してもらうようにはしていますが、マシなだけで眠くはなります。

 

具体的には、私の場合は寝る前に1錠丸々飲むと、翌朝の早起きには明確に悪影響が出ます。

やむを得ず飲む時には、小さい錠剤ではありますが半分に割って、寝る前に半錠、朝に半錠と分けて飲むようにしています。

 

3.局所療法をメインに

私の場合、主な症状は「鼻水」です。

目も痒くなることがありますが、目薬をさすと収まる場合がほとんどです(普段メガネをかけているからマシなのかもしれません)。

 

鼻水対策の基本は「フルチカゾン」という点鼻薬を寝る前と朝にスプレーすることです。

 

点鼻薬を初めて処方された時は、何だか怖いというか、気持ちが悪いというか、なかなか使う気になれなかったものです。

しかし、継続して使ってみると眠くならないのがとても大きなメリットであることがわかり、今では主戦力として手放せない存在になっています。

 

注意点としては、鼻水がダラダラ出始めてしまってから点鼻薬を点鼻しても効果が薄いということです。

鼻水がいったん出始めてしまった場合は、飲み薬で鼻水をいったん止めた後や、風呂上がりなど、鼻水が次々と出ない状態にリセットしてから点鼻し、その後は点鼻を忘れないように継続する事が肝要です。

 

4.まとめ

・眠気を抑えたいなら飲み薬は最小限に

・点鼻薬と目薬で眠気の無い花粉症対策

・点鼻薬は鼻水が出始めてから使っても効果薄

・点鼻を継続して鼻水無し状態をキープすべし

 

[この記事の執筆にかかった時間 28分]

スポンサード リンク
移転先ブログ
プロフィール

坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)

Author:坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)
■信条
手間は少ない方が良い。
機械にさせられることは、機械にやってもらえば良い。人間は、人間様にしかできない仕事に力を割くべき。
自分の記憶力にはできるだけ頼らずにものごとを処理したい。

■環境
Windows7
スマホ:docomo SC-04E(Android4.2)

■その他
男児1人、女児1人の父親。
妻を含めて4人家族。
職業は司法書士。

■連絡先
Twitter:@sakane0958
mail:sakane@fluentlife.jp

2013年11月にブログを移転しました。
新ブログはこちら↓
http://fluentlife.jp/

リンク
にほんブログ村 司法書士試験
月別アーカイブ
TrackFeed
track feed 流れるような一日を(旧)
LECバナー
ブロとも一覧

ベテラン司法書士浪人生 合格への道  (それから)
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
スポンサード リンク
Author : Masayuki Sakane