[Evernote]プチフリが多い時にはデータベースの最適化をしてみる

1.Evernoteのプチフリーズが頻発

私のEvernoteのWindowsクライアントでは、画像の回転等の処理や、ファイルの挿入、テキスト入力中にもしょっちゅうプチフリーズが頻発するという状況が続いていました。

 

不要なノートを削除して、データをコンパクトにしないといけないのかなぁ、などと考え始めていたところでした。

 

とは言っても、削除したいノートなど大してあるわけでもなく、ReadItLater(現Pocket)とblogtrottrを経由してEvernoteに自動転送したものの失敗してできた空っぽのノートや、使い道の無さそうな写真ノートくらいが削除候補で、弱ったな、と。

 

2.データベースの最適化、という技を思い出した

ダメ元で、ローカルのデータベースをrenameしてから同期し、イチからダウンロードし直したら早くなるかな、と思ったりした後、Evernoteを使い始めた頃に買った「EVERNOTE HACK」の中にデータベースの再構築の話があったことを思い出しました。

 

思い付きのダメ元のことをするより、まずは正攻法で攻めるべきです。

 

該当ページは当時スナップショットを撮った記憶があったので探してみたのですが、見出しページのみしか撮れておらず、Webで検索してヒットした下記の記事を参考に作業をしました。

Evernoteの隠しコマンド?「デバッグ」機能でDBを高速・最適化

evernoteをデバッグモードで起動してデータベースを最適化

3.快適になりました

最適化が終わってから正味1時間ほどしか作業できていませんが、印象としてはかなりさくさく動くようになりました。

今までのところでは、テキスト編集時に固まることもほぼ無くなり、あってもすぐに復帰します(最適化前のプチフリでは、しばらく反応が返ってきませんでした)。

 

気のせいかもしれませんが、同期も早くなったかも。

 

4.注意点

今回は約9.9GBのデータベースで2時間30分ほどかかりました。

 

また、データベースの最適化中にはあまりWindowsクライアントからの作業をしない方が安全だと思います。

最適化中にEvernoteを使いたい場合は、ブラウザからEvernote操作をするなどして、最適化中のデータベースを壊してしまうリスクを避けましょう。

 

そういう理由から、寝る前などに仕掛けて放置するのが良いと思います。

 

[この記事の執筆にかかった時間 39分]

 

[2013年6月29日追記]

5.根本的解決にはSSDへの換装を検討しましょう

もしあなたのパソコンがSSDでなくHDDで動いていてEvernoteのプチフリにお困りの場合、HDDをSSDに換装することで症状が劇的に改善します。こまめに最適化をしなくても全く気にならなくなるくらいに。

 

パソコンに詳しくないと少々ハードルが高いかもしれませんが、全てが劇的に快適になります。検討してみてください。

[司法書士試験]LEC全国スーパー公開模試全2回の結果

1.本来はブログなど更新していて良い時期ではありません

本試験は7月7日、今日は6月28日。もう本試験まで一週間ほどしかありません。

 

本来は、過去問等に邁進しているべき時期なのですが、今日はどうもイライラして勉強モードになりません。

 

あきらめて模試の結果をアップすることにしました。私はこういう時はあきらめや気分転換も大事だと思っています。

 

司法書士試験の直前期の過ごし方については、人間らしい生活を捨てろ、睡眠時間は削れるだけ削れ、というような説もありますが、子育て中の兼業受験生としてはむやみやたらと睡眠時間を削るわけにもいきません。

 

これまで雨垂れが石を穿つように日々積み重ねてきたことを信じて、あとは淡々と残された期間にできることを積み重ねていくのみです。

 

では、模試の結果です。

 

2.第1回:S判定

2013zs1

午後択一が25点だったので「午後択一で足切りを食らうかな-」と思っており、期待していませんでした。

前回同様、予想外の合格判定。

 

前回の合格判定より順位等は低いですが、腐っても合格判定。私にとっては十分です。

 

LECもそれなりのデータから統計的に予想しているのでしょうから、「同様の問題構成であれば、本試験で合格できるのだ」と私は信用します。

 

3.第2回:C判定(午前科目足切り)

2013zs2

この回はダメでした。足切りです。

 

やはり会社法が癌だと思います。主要4科目で唯一偏差値が50を下回っています。

 

成績の分布図を見ると、会社法であと1問取れていれば、基準点クリア、さらにもう1問取れれば滑り込み合格ライン、という結果になっていたようです。

 

逆に言えば、会社法さえ克服すれば、残りはそれなりに仕上がっているということですから、弱点がはっきりしている分、やるべきことは見えているとも言えます。

 

ちなみに、不登法記述が満点でした。模試や答練の記述式で、片方の科目とはいえ満点をとったのは初めてです。

 

ただ、この回は不動産登記法書式は簡単だったようです。不動産登記法書式の満点は全国で151人いました。

 

4.「5割」の打率なら自分にとっては上出来

直前期のLECの公開模試4回のうち、2回で合格判定を取ることができました。

 

残りの2回は振るわない結果でしたが、今まで合格判定に縁の無かった去年までの成績を考えると上出来です。

 

そもそもが「やるべきことは全てやった」という状態にはほど遠く、限られた範囲の過去問だけを回し、全体から見れば穴がたくさん空いている中で、どうにかこうにか大きな穴から塞いでいって構成されているのが私の現状です。

 

ダメで元々。5割まで持って来ることができただけでも御の字です。

 

でも、本番には強い方だと自負しているので、今年はきっとどうにかなるだろうと勝手に思っています。

[司法書士試験]LECファイナル答練とLEC全国公開模試の結果

もうLEC全国スーパー公開模試も終わり、今日2013年6月21日は直前期まっただ中です。

 

このままLECの成績はブログには書かずに本試験を迎えようかとも思いましたが、簡単に書いてみることにしました。一部良い結果も出ているので。

 

1.ファイナル答練は全C判定

第1回~第6回まで、奇数回と偶数回を併せた判定がA~E評価で出ます。

3セットとも全てC判定でした。

 

C判定とは「全受験者の上位50%以上25%未満」という位置です。

 

4月~5月中旬あたりに受験しましたが、この頃は可もなく不可もなくという成績水準だった、ということですね。

 

ファイナル答練についてはもう時間もかなり経っているので、成績の細かい分析はしないことにしました。

 

2.全国公開模試第1回:E判定

LEC2013Z1

(1)2、3日凹んで過ごした

「模試では一度くらい合格判定を取っておきたいものだ」と意気込んで受験した結果が散々なものだったので、凹みました。

 

今年は去年までと比べて手応えを感じていたので、「もしかして今年はいけるかも」と思い始めていたところで、完全に出鼻をくじかれました。

 

時間配分を誤って書式で足切り、のように原因がはっきりしているパターンなら「次回は時間配分に気をつけよう」と気持ちを切り替えることもできますよね。

 

でもこの回はそうはっきりした原因も無く、強いて言えば「知識不足?」という結論になりそうでした。

 

そして、この時期に知識不足では付ける薬も無い、という考え方になりがちでした。

 

(2)姫野講師のブログで気を持ち直した

姫野司法書士試験研究所 山野目章夫先生
この時期チェックし始めていた姫野講師のブログで、上記の記事を見かけて気持ちを切り替えることができました。 下記に引用します。 

どうしても点数が気になるなら,ほら,そこにあるゴミ箱に模試の問題・解説を捨ててしまいなはれ。

もったいない?

いやいや。

模試の点数で悩む時間。自分を追い込む時間。模試で出題された出題可能性の低い論点を復習する時間。模試で出題された得意な論点を一応確認する時間。

以上の時間の方が無駄でしょう。

 

所詮、模試は模試なんですよね。模試の結果に一喜一憂していてもしょうがない。

 

模試で合格判定出しても、本試験で失敗したら何にもならない。

模試が全てE判定でも、本試験が合格なら官軍です。

 

模試の問題・解説をゴミ箱に捨てはしませんでしたが、悪かった結果は悪かった結果として置いておいて、ともかく前を向いて過去問を解いていこう、と思えたのでした。

 

姫野先生、ありがとうございました。

 

3.全国公開模試第2回:S判定

LEC2013Z2

(1)LECの模試で初の合格判定

これまでにもWセミナーのHop答練では何度か合格判定も出ていましたが、択一の難易度も低く、書式のボリュームもとても少ないのであまり参考にはならないだろう、と思っていました。

 

今回の成績は開けて見るまであまり期待はしていなかったのですが、フタを開けてみると想像以上に良い判定でした。

 

受験者数の多いLECの直前期の模試で合格判定を取れたのは、大変自信になりました。

 

今の自分に「どんな問題が出ても合格判定が取れる」実力があるとは思いませんが、少なくとも今回の問題一式が本試験で出たのならば、勝ち残れるだけの実力は備わっている、ということですから。

 

毎朝この成績のスクリーンショットを見てニヤニヤしながら、モチベーションを高めるのに使っていたりします。

 

(2)順位にはこだわらない、勝率を上げたい

上位合格者になりたいとは思いません。ギリギリでもいいから、合格できる水準にいられる打率が欲しいです。

[PhraseExpress]英数字が全角未確定状態になる問題への対処方法 - PhraseExpressとATOKの相性問題

1.問題の現象

(1)フレーズを半角英字で登録しているのに、全角未確定で出力される

例えばPhraseExpressで「fsq」と入力した際に「foursquare」と出力させたい場合に、ATOKの日本語入力がオンの状態で実行すると「foursquare」と全角未確定状態になります。フレーズ登録は半角で登録しているのにもかかわらず、です。

PhraseExpressfsq

 

fsqZenkaku 

(2)F10キーの半角英数変換が効かない

さらに、ここで半角英数にするためにF10を押すと「フォースクエア」と半角カナになってしまう上、F10を押し続けても半角英数の「foursquare」にはなりません。

 

半角英数を出すためには、F10でなくスペースキー等での「変換」をする必要があり、F10キーでの操作に慣れている者にとっては、通常と異なる感覚を要求されるのでストレスです。

 

ちなみにF10キーでの処理は、おそらく「foursquare」を「再変換」か何かしているのだと思います。なぜならフレーズが一般的な単語かどうかでF10での挙動が異なるからです。twitterは「ツイッター」になりますが、PhraseExpressは「PhraseExpress」となります。

 

(3)日本語入力オフだとちゃんと半角で出力される

この現象ですが、日本語入力がオフの状態では発生しません。想定どおり半角で出力されます。

 

つまり、半角英数で出力したいフレーズは、発動直後に日本語入力をオフにしてやれば問題が回避できそうです。

 

2.対策:発動直後に日本語入力をオフにしてから文字出力、最後に日本語入力をオンに戻す

(1)概要

PhraseExpressでは、テキスト入力だけでなく、特殊なキーを押させることができます。

 

Open a web page from a phrase|Phrase Express Manual

↑リンク先の少し下の方にある"Adding special keys into a phrase"の項が重要です。

 

そこからさらに一部引用しますが、下記にリストアップされているキーはPhraseExpressで押させることができるキーです。

ListOfKeywordsForAllSupportedSpecialKeys

 

一方、ATOKでは、各種キーの動作をカスタマイズすることができます。

無変換キーと変換キーの活用を考える(ATOK for Windows) | 単純作業に心を込めて
ATOKで日本語入力のON・OFFを特定のキーに割り当てる方法。

上記のPhraseExpressで使えるspecial keysの中から、自分があまり使わないであろうキーを2個ピックアップし、それらに日本語入力オフ、日本語入力オンを割り当てます。

 

そして、PhraseExpressで半角英数を含むフレーズの最初と最後にそれらのキーを挿入してやる、というのがこの計画の全容です。

 

(2)ATOK側の設定

例えば、Ctrl+Shift+F3を日本語入力オフ、 Ctrl+Shift+F4を日本語入力オンに設定します。

 

できるだけ自分で使わないキー、自分がよく使うアプリケーションで利用されていないキーを選ぶことが重要です。

 

(3)PhraseExpress側の設定

次に、ATOKで設定した日本語入力のオン及びオフのキーを押させるフレーズを各1個登録します。

 PhraseExpressIMEOFF

私はIMEOFF(上記の画像のとおり)、IMEON(上記の画像のIMEOFFをIMEON、F3をF4に置き換えたもの)と登録しました。

 

そして、問題のあるフレーズの英数字を下記のように挟みます。

IMEOFFfsqIMEON

 

これで、「fsq」と入力して半角の「foursquare」が入力されるようになりました。

 

3.設定するキーは試行錯誤が必要かも

(1)私の失敗例

現在はCtrl+Shift+F3及びF4で様子を見ているところですが、ここまでに既に2回失敗を経ています。

 

(失敗その1)

Ctrl+F11、F12を設定したところ、WindowsLiveWriterのショートカットにひっかかった。

→Ctrl+Shift+F3、F4に変更してみた。

 

(失敗その2)

Ctrl+Shift+F3、F4を設定したところ、やはりWindowsLiveWriterで変な挙動をした。

→PhraseExpress側のShiftとCtrlの順番を変えたら改善した。

 

私の環境では今のところこれで良さそうですが、使用しているアプリケーションによってはCtrl+Shift+F3及びF4では支障があるかもしれません。

 

その場合は、自分の環境に合ったキーを探してみてください。

 

(2)IMEOFF等をフレーズとして登録しておくと、キー変更が楽になる

上記の設定例では、IMEOFF及びIMEONをフレーズとして登録し、それらを各フレーズから参照する形にしています。

 

当初は各フレーズに直接"{#SHIFT {#CTRL {#F3}}}"のように記述していましたが、このやり方だとキーを変更したい場合には全フレーズに変更を適用しなければなりません。

 

設定するフレーズが3つ以上あるなら、紹介した事例のようにフレーズ登録しておいた方が良いと思います。

 

4.後書き

(1)この仕組みのデメリット

私がテキスト入力をする場面では、日本語入力がオンのことの方が多いです。

 

ですが、日本語入力オフで作業をする環境においては、上記の設定を含むフレーズが発動すると日本語入力がオンになってしまうので、不都合があるかもしれません。

 

フレーズによっては最後のIMEONを外すなど細かい調整が必要かもしれません。

 

(2)MS IMEでは発生しないのかも

ふと思い立ってMicrosoftのIMEでも同様の現象が発生するのか試してみたところ、この問題は発生しませんでした。

 

こんなことをしなくても済むように、ATOKがPhraseExpressと問題無く連携してくれるようになったら最高だな、と思います。

とはいえ私にとってはATOKもPhraseExpressも手放せないアプリケーションです。当面はこのやり方で、両立を実現したいと思います。

[資格勉強]効率を最大化する前に、まず時間資源を投入する

1.時間を注がないことには始まらない

私は、どんなに頭が良い人でも、ある程度の勉強時間が無くては成果が身に付かないと思っています。

数式にすると下記のようなイメージです。

 

勉強時間×効率=勉強の成果

 

そして、勉強の成果を最大化する際にまず検討すべきなのは、勉強時間の最大化だと思います。

 

(1)時間をある程度かけないと効率化すべきポイントも見えてこない

最初から最大効率で勉強ができれば良いのですが、勉強を始めてしばらくの間は、勉強方法にせよ、自分の弱点にせよ、なかなか見えてきません。

 

最初は効率が悪いのを我慢しながら、我慢して勉強を進める時期がどうしても必要だと思います。

 

(2)時間は計量が容易

効率や集中力といった要素は数値化が難しいですが、時間は簡単に計量できます。

 

問題数は計量が容易ですが、粒度のばらつきがあり得ます。

時間は粒度のばらつきが無く、取り扱いが容易です。

 

(3)時間は効率よりはコントロールが容易

時間は、コントロールも比較的容易です。

 

勉強以外にも悩み事があったりすると、いくら頭で集中しようと思ってもなかなか集中できないことがあります。

 

自分で決めた長さだけ勉強に取り組むのは、集中力のコントロールに比較すれば達成が容易だと思います。

 

2.注ぐ時間を増やしていくための戦略

(1)まず勉強する時間枠を確保して習慣化する

毎日勉強する時間を決めて習慣化すると、勉強が苦にならなくなる、と私は感じています。

 

受験勉強でも「決まった時間に机につくことをまず習慣にせよ」と言われますが、セオリーだと思います。

 

勉強時間を増やしたい時にも、ゼロから増やすより、枠を少しずつ拡張してやるとラクに増やしていけます。

 

(2)私の具体例
a.2012年10月~12月

早朝25分、昼休み25分をノルマとして最初に習慣化を心懸けました。

 

慣れるまではなかなか負担感が強かったように記憶しています。

 

b.2013年1月~4月

土日の片方を勉強に使いたい、と妻に話をつけました。答練(模試みたいなものです)に一日費やすパターンが続いたので、この分だけ一気に増えました。

 

また早朝、昼休みの勉強時間も5分、10分ほど拡張することを目標にしました。

 

c.2013年5月~

直前期に入るので時間を確保しつつ仕事にもできるだけ影響が出ないように、火曜日と木曜日の午後を半休取れるよう、職場と交渉しました(身内なので、すんなり通りました)。

 

また、早朝25分→50分→90分と目標を増やし、昼休みも25分→40分と目標を増やしました。

現状、早朝と昼休みの増やした目標については達成できていないことも多いですが、従前よりは増、といったところです。

 

studylog201211-201305

このようにして達成した時間記録を載せておきます。

studyplusのスクリーンショットです)

スポンサード リンク
移転先ブログ
プロフィール

坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)

Author:坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)
■信条
手間は少ない方が良い。
機械にさせられることは、機械にやってもらえば良い。人間は、人間様にしかできない仕事に力を割くべき。
自分の記憶力にはできるだけ頼らずにものごとを処理したい。

■環境
Windows7
スマホ:docomo SC-04E(Android4.2)

■その他
男児1人、女児1人の父親。
妻を含めて4人家族。
職業は司法書士。

■連絡先
Twitter:@sakane0958
mail:sakane@fluentlife.jp

2013年11月にブログを移転しました。
新ブログはこちら↓
http://fluentlife.jp/

リンク
にほんブログ村 司法書士試験
月別アーカイブ
TrackFeed
track feed 流れるような一日を(旧)
LECバナー
ブロとも一覧

ベテラン司法書士浪人生 合格への道  (それから)
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
スポンサード リンク
Author : Masayuki Sakane