[RTM]RTMとToodledoの比較(その2)



1.前回の話
Remember The Milkがとっつきやすそうなので使い始めました。
Androidアプリでの日本語処理に問題があり、深刻なトラブルを招くことがある、という話でした。

[RTM]RTMとToodledoの比較(その1)

2.RTMからToodledleへの移行
Androidアプリからは、タスクを編集せず、参照、実行や単純な追加のみを行うようにして日本語処理の問題を回避しながら当面は使っていました。

ところが、使い込んでタスクが増えるにつれて、だんだんとそれ以外の問題も目に付くようになりました。

(1)タスクの並び順のコントロールができない
(2)リストが増えると見づらくなる。タスク一覧も圧迫してくる。
(3)小さいプロジェクトの管理がしづらい

順に説明します。

(1)タスクの並び順のコントロールができない
Remember The Milkのタスクの並び順の項目はシンプルで「優先度、期日、タスク名」の3つが選択できるのみです。
そして、基本的に自動で並べ替えされるので、同じ優先度、期日のタスクをユーザの任意の並び順にするには、タスク名の頭に番号を振るなどの手間がかかります。

Toodeldoではサブタスクを扱うにはプロアカウントが必要ですが、サブタスク内ではユーザの任意の順番に並び替えることができるので、とても魅力的に感じました。

(2)リストが増えると見づらくなる。タスク一覧も圧迫してくる。
Remember The Milkでは、保存された検索はSmart Listと呼ばれ、タスク一覧の上に表示されます。
保存された検索が増えると、この欄が画面に占める割合が増え、だんだん使いづらくなってきます。

私の仕事においては、大きなプロジェクトが2,3あるというよりは、作業単位としては小さいまとまりの仕事がたくさんあるという業種です。

それらをいちいち保存された検索に登録すると、保存された検索の数が膨大になってしまい、保存された検索の中から目的のプロジェクトを探すだけでも一苦労、という本末転倒な事態になってしまいます。

(3)小さいプロジェクトの管理がしづらい
保存された検索を使わないと仮定した場合、(1)の問題があるため、タスクの登録時に手間をかけてやらなければなりません。

試しに、

親タスク|01 子タスクの作業内容
親タスク|02 子タスクの作業内容
・・・


という形でタスクを登録して使ってみた時期もあるのですが、面倒くさくて到底やってられません。

(1)で述べたように、Toodledoにはサブタスクという機能があるので、この問題も解決できそうです。


時間が無くなりましたが、続きます。次回は、Toodledoのメリットから書くつもりです。
関連記事

移転後の新ブログの更新情報はこちらから受け取れます。

follow us in feedly

移転先ブログのリンク:流れるような一日を


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
移転先ブログ
プロフィール

坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)

Author:坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)
■信条
手間は少ない方が良い。
機械にさせられることは、機械にやってもらえば良い。人間は、人間様にしかできない仕事に力を割くべき。
自分の記憶力にはできるだけ頼らずにものごとを処理したい。

■環境
Windows7
スマホ:docomo SC-04E(Android4.2)

■その他
男児1人、女児1人の父親。
妻を含めて4人家族。
職業は司法書士。

■連絡先
Twitter:@sakane0958
mail:sakane@fluentlife.jp

2013年11月にブログを移転しました。
新ブログはこちら↓
http://fluentlife.jp/

リンク
にほんブログ村 司法書士試験
月別アーカイブ
TrackFeed
track feed 流れるような一日を(旧)
LECバナー
ブロとも一覧

ベテラン司法書士浪人生 合格への道  (それから)
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
スポンサード リンク
Author : Masayuki Sakane