[朝活]4時起きのススメ



1.はまさんの記事



本当は昨日の[Webプリント]書留系のサービスを一歩便利にの続きを書くつもりでしたが、私がブログを始めるきっかけになったはまさんの記事に触発されましたので、予定を変えて私の4時起き習慣について書くことにしました。

朝活を始めたい人へ!4時起きを定着させる12のコツ



2.きっかけ


子育て中、どうしても子供と添い寝しているとそのまま一緒に寝てしまい、常に時間が足りない感にさいなまれていました。
そんな中でこの本に出会い、がんばって添い寝の際に寝ないようにするより、きっぱりと寝てしまって早く起きる方が健全なのかも、と考え方の転換ができたことです。

「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!(Amazon)


後述するSleepTrackerもこの本で知りました。

3.私の4時起きの実際


4時起きと出会ってから現在までに、幾度も挫折、中断することがありました。
最近はそれなりに続いています。

うまくいっていないときでも、「多少遅く起きても、普通の人と比べたら早起きな方だよね」とあまりへこまないようにしています。

わが家では、お風呂から上がった後、布団の中で子供達に読み聞かせをしながら眠りにつくことが多いです。
読書灯にタイマーを繋げて、21:45にぶちっと灯りが消えるようになっており、子供達も灯りが消えると起きているのをあきらめて寝てくれます。

起きる時にはSleepTrackerという腕時計型目覚まし時計を使っています。寝返りによって浅い眠りを検知して、起きやすいタイミングで起こしてくれる優れものです。

[スリープトラッカー]Sleeptracker 腕時計 プロエリートシリーズ SLEEPTRACKER PRO Elite Mens メンズ ブラック/ブルー [正規輸入品]


少々お高いのが玉に瑕ですが、それで自分の自由時間が買えると思えば安い物かも。
SleepTrackerを4:30にセットしてあり、4:00~4:30までの間に浅い眠りを検知すると、そのタイミングでアラームとバイブで起こしてくれます。
その30分間に浅い眠りが無かった場合には、4:30に鳴ります。

検知時間、アラーム、バイブはそれぞれ設定を変更することができます。


4.気をつけていること



(1)リズムを作ってしまう

寝る時間、起きる時間が安定してくると、苦痛がほとんどなくなってきます。
早期にこの状態を目指すことが一番重要と思っています。

逆に、起きる時間を早める時は大変です。
早起き習慣を作る際には、最初がつらいものだと割り切って、根性で起き上がっています。

(2)目が開いたらとにかく起き上がる

リズムを作るにも、起き上がって身体を目覚めさせることが大事だと思っています。
私は起きてもふとんの中でスマホをいじって頭だけ起こそうとしたりということをついついしてしまうのですが、目にも悪いですし、時間も浪費するのでやらないよう心懸けています。

(3)子供と一緒に寝てしまう

(4)寝る前にスマホをいじらない

(3)(4)はまとめて書きます。

読書灯が消えると本は読めないですが、スマホの画面は見られます。ついつい自分だけスマホをいじりながら起きていたりすることもあるのですが、これをやると目が疲れるし睡眠時間も削られるし翌朝にかなりの確率で影響します。
自分の中では、4時起きのためにしてはいけない習慣の筆頭格です。

子供への教育的影響を考えても、一緒に寝てしまうのが一番です。
関連記事

移転後の新ブログの更新情報はこちらから受け取れます。

follow us in feedly

移転先ブログのリンク:流れるような一日を


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
移転先ブログ
プロフィール

坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)

Author:坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)
■信条
手間は少ない方が良い。
機械にさせられることは、機械にやってもらえば良い。人間は、人間様にしかできない仕事に力を割くべき。
自分の記憶力にはできるだけ頼らずにものごとを処理したい。

■環境
Windows7
スマホ:docomo SC-04E(Android4.2)

■その他
男児1人、女児1人の父親。
妻を含めて4人家族。
職業は司法書士。

■連絡先
Twitter:@sakane0958
mail:sakane@fluentlife.jp

2013年11月にブログを移転しました。
新ブログはこちら↓
http://fluentlife.jp/

リンク
にほんブログ村 司法書士試験
月別アーカイブ
TrackFeed
track feed 流れるような一日を(旧)
LECバナー
ブロとも一覧

ベテラン司法書士浪人生 合格への道  (それから)
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
スポンサード リンク
Author : Masayuki Sakane