[PhraseExpress]発動しない時に確認すべきこと(prefix問題)



1.PhraseExpressとは


スニペットツールと呼ばれるツールの一つです。
どういうものかは、下記のシゴタノさんの記事を読むとよくわかると思います。
私のような面倒くさがりには垂涎もののツールです。

寿命ものびるかも? タイピング速度を劇的に向上させる TextExpander を使い込む幸せ(シゴタノ)


TextExpanderはMac用ですが、Windowsにおける定番フリーソフトがPhraseExpressと言えるでしょう。
それを教えてくれたのが、私の敬愛するブロガー2人の下記の記事です。

無料のスニペットアプリ「PhraseExpress」×「いつものテンプレート」で世界が変わります(はまラボ)


生産性を劇的にあげるWindows用フリーウェア秘蔵の5選(jMatsuzaki)



さっそくインストールして使ってはみたのですが、ちゃんと発動する時と発動しない時があり、「不安定だなぁ」と思ってなかなか使い込むところまで至っていませんでした。
最近それが解消したので、この度の記事にしてみました。

ちなみにインストール後のphrase登録は下記の記事がとても参考になりました。
Haruさんに倣って私もPostfix無しをベースにしています。

Phrase Expressの使い方(Haru)



2.発動する時としない時がある


例えば「..」とピリオドを二つ入力すると「:」に変換されるというphraseを登録していました。
Remember The Milkは1215を12:15と読み替えてくれないので、「12:15」をテンキーだけで入力できるようにするためでした。

しかし、どうもうまくコロンにならないのです。
しかもどうでもいい時にはコロンになることもあるのに、時刻を打つ時には必ず発動しない。

当初は他の常駐ソフトとの競合による相性的な問題かと思っていました。
英語版しか無いので敬遠していたマニュアル、じっくり読んでみて解決できました。

How to use Autotext(PhraseExpressマニュアル)


「Leading and trailing delimiters」の項に、デフォルトでは文頭やスペース、タブ、改行等で区切られた文字列を処理するという趣旨のことが書いてありました。

だから12:15はどうやっても変換されなかったのでした。

3.いつでも発動してほしいならprefixはAny


そこでphraseを編集してprefixをAnyにしたところ、いつでも発動してくれるようになりました。
(その後、「..」の変換は時刻にしか使わないのでprefixを「number」に変更しました)

なお、prefix、postfixを編集するには、エキスパートモードでなければならないようです。
表示されていない場合は、phrase編集画面の下の方にある「Expert mode」のボタンをクリックしましょう。

ちなみにPhraseExpressの画面を開きっぱなしの場合も発動しないので、確認はPhraseExpressをタスクトレイに格納してから行いましょう。

次回、PhraseExpressネタを続けてみます。はまった問題シリーズその2として「日本語IMEとBackspace問題」を紹介します。
 
関連記事

移転後の新ブログの更新情報はこちらから受け取れます。

follow us in feedly

移転先ブログのリンク:流れるような一日を


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
移転先ブログ
プロフィール

坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)

Author:坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)
■信条
手間は少ない方が良い。
機械にさせられることは、機械にやってもらえば良い。人間は、人間様にしかできない仕事に力を割くべき。
自分の記憶力にはできるだけ頼らずにものごとを処理したい。

■環境
Windows7
スマホ:docomo SC-04E(Android4.2)

■その他
男児1人、女児1人の父親。
妻を含めて4人家族。
職業は司法書士。

■連絡先
Twitter:@sakane0958
mail:sakane@fluentlife.jp

2013年11月にブログを移転しました。
新ブログはこちら↓
http://fluentlife.jp/

リンク
にほんブログ村 司法書士試験
月別アーカイブ
TrackFeed
track feed 流れるような一日を(旧)
LECバナー
ブロとも一覧

ベテラン司法書士浪人生 合格への道  (それから)
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
スポンサード リンク
Author : Masayuki Sakane