[TaskChute]TogglのCSVをTaskChuteにインポート(後半)



TaskChuteでの具体的な操作


昨日の記事に引き続いて、この記事ではTaskChuteに転記する手順の説明をします。

1.行の追加


まず、昨日一日分のタスクが入るだけの行を用意します。
私は下記のはまさんの記事の「複数の新規タスクを高速で追加する。(例えば4つを2秒で)」を使っています。

TaskChuteの高速操作についてかなり詳しく説明してみた(はまラボ)



2.データの値貼り付け×2回


昨日の記事で整形済みのTogglのログから、転記したい記録の「Project」「Mode」「作業内容」の3列を選択してコピー、TaskChuteに値貼り付けします。
値貼り付けにしないと罫線の点線が消えたりしますが、気にならない場合はそのまま貼り付けてもかまわないかもしれません。

次にTogglのログに戻り、「開始」「終了」時刻を同様に値貼り付けします。

3.日付関係の処理


私は睡眠時間もTogglに記録しているのですが、TaskChuteでは日をまたぐタスクはうまく扱えないので、「就寝」の行を削除します。実績がマイナスになっているので、それをキーに探すと見つけやすいです。

(追記)マロ。さんからこんなアドバイスをもらいました。
私はTogglではなくTaskChuteをマスターデータにしているので、睡眠時間も記録として残せたら嬉しいんですよね。
今後は削除せずに+24時間の運用をする予定です。古いデータも遡って入れ直そうかな。


次に、私は朝に転記をしているのですが、今朝起きてからTaskChuteを開くまでの間にしたこともTogglのログからTaskChute入ってきています。
そのタスクとそれに連なるブランクタスクの日付を今日の日付に変更します。

私は変更したいタスクの「月日」列を複数選択にしてCtrl+;、Ctrl+Enterで一括変更することが多いです。
変更したいタスクを複数選択してTaskChuteの「日付変更」ショートカットで変更しても同じ事ができると思います。

4.再計算させる


次に、「終了」時刻の列で「F2,Enter,Enter,Enter」を各行につき連打します。
それぞれ、こういう意味の処理です。

F2:セルを編集状態にする
Enter:入力の確定
Enter:コメントのスキップ
Enter:下の行へ移動

この処理で実績が再計算され、行の高さが変わったり、セクションが適切に変換されたりします。

5.並び替え


ここで並び替えをします。正しい色が付き、今朝のタスクがあるべき場所に収まります。

ちなみに、「4.日付変更」の前に並び替えをやってしまうと昨日のタスクに今朝のタスクが混じってしまって大変なことになるので、それだけは注意しましょう。

6.昨日の振り返りをして、コメントがあれば追加


昨日のタスクがきれいに整ったところで、昨日の一日を振り返ります。
ルーチンの中で普段と異なることをしただとか、子供の様子だとか、残しておきたいことをコメントに残したりします。

[この記事の執筆にかかった時間 31分]
(アウトライン作成を含まず執筆、推敲のみ)
関連記事

移転後の新ブログの更新情報はこちらから受け取れます。

follow us in feedly

移転先ブログのリンク:流れるような一日を


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
移転先ブログ
プロフィール

坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)

Author:坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)
■信条
手間は少ない方が良い。
機械にさせられることは、機械にやってもらえば良い。人間は、人間様にしかできない仕事に力を割くべき。
自分の記憶力にはできるだけ頼らずにものごとを処理したい。

■環境
Windows7
スマホ:docomo SC-04E(Android4.2)

■その他
男児1人、女児1人の父親。
妻を含めて4人家族。
職業は司法書士。

■連絡先
Twitter:@sakane0958
mail:sakane@fluentlife.jp

2013年11月にブログを移転しました。
新ブログはこちら↓
http://fluentlife.jp/

リンク
にほんブログ村 司法書士試験
月別アーカイブ
TrackFeed
track feed 流れるような一日を(旧)
LECバナー
ブロとも一覧

ベテラン司法書士浪人生 合格への道  (それから)
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
スポンサード リンク
Author : Masayuki Sakane