[Toggl]Androidにおけるクライアント比較(その2)



3.問題の所在


昨日の記事に引き続き、Android環境におけるTogglクライアントの比較をします。

もう一つ、問題として触れておくべき問題がありました。

(5)時間記録が乱れる?

Stopしたはずなのに裏で100数時間も記録が続いていたり、トラッキングデータ一覧には表示されないのにCSV出力してみると出てくる開始時刻のみのデータがあったり、変なデータが残ることがあります。

TaskChuteに転記する際などに気付いて修正するのですが、こういうことが起こるのは標準ブラウザで操作した時に多い印象があります。
ただ、再現する条件がわからないので詳細な確認はできていません。濡れ衣かもしれません。

あるいは標準ブラウザ単独の問題では無く、標準ブラウザで開いたり、公式アプリで開いたり、PCから編集したり、複数の経路から編集すると起きるのかもしれません。

私の場合は24時間何らかの記録をとり続けているので、今までのところでは前後の記録から補うことができていて、このことが原因で致命的な問題が生じたことはありません。
ただ、修正の手間が生じるのは少々面倒くさいです。

4.比較表


勝手にログアウトAutoComplete時刻編集タップの感触記録が乱れる
PC用ページ(Chrome)未確認○(タップしにくい)◎(多分)
公式アプリ△(入力後1文字削除)×○?
モバイル用ページ(Chrome)×○?
モバイル用ページ(標準ブラウザ)△(入力後1文字削除)△?


5.選択肢ごとの総評


(1)公式アプリ

一番安定しているのですが、タップしたかどうかがわからないのは地味にストレスです。

私は普段はあまり使っていません。
時刻編集だの、ログインできなくなっただの、困った時に戻る基地的な使い方をしています。

(2)モバイルページをChromeで開く

勝手にログアウト問題さえクリアできれば、一番魅力的な選択肢です。
しかし、時間記録の度に待たされるのが辛い。

メールアドレスとパスワードでのログインからGoogleアカウント経由のログインに変更してみるとか、多少の試行錯誤はしてみたのですが、改善できずじまい。
誰か妙案があれば教えて下さい。

(3)モバイルページを標準ブラウザで開く

Chromeに全体的に劣る印象が強いのですが、勝手にログアウト問題がChromeよりマシ、という部分は大きなアドバンテージです。

AutoComplete問題も次善の対処方法が判明し、記録が乱れる問題も致命的ではないので、現在の私のデフォルト選択肢となっています。

[この記事の執筆にかかった時間 33分]

【2012年12月16日追記】
その後、[Android]SDカードに起因するトラブルの対応(前編)及び[Android]SDカードに起因するトラブルの対応(後編)の対応を行うことにより、勝手にログアウト問題は解消しました。

また、Togglのモバイルページ、Androidアプリのインターフェースも大きく変わったので、近いうちに新規に記事を書きたいと思っています。

【2014年6月6日追記】
移転先のブログにて、togglについての記事を書きました。
その後の経験も踏まえた記事になっておりますので、ぜひどうぞ。
[toggl]効率的な使い方を究める – 補完入力から同期エラーの避け方まで


関連記事

移転後の新ブログの更新情報はこちらから受け取れます。

follow us in feedly

移転先ブログのリンク:流れるような一日を


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
移転先ブログ
プロフィール

坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)

Author:坂根(昔はneunzehnと名乗っていました)
■信条
手間は少ない方が良い。
機械にさせられることは、機械にやってもらえば良い。人間は、人間様にしかできない仕事に力を割くべき。
自分の記憶力にはできるだけ頼らずにものごとを処理したい。

■環境
Windows7
スマホ:docomo SC-04E(Android4.2)

■その他
男児1人、女児1人の父親。
妻を含めて4人家族。
職業は司法書士。

■連絡先
Twitter:@sakane0958
mail:sakane@fluentlife.jp

2013年11月にブログを移転しました。
新ブログはこちら↓
http://fluentlife.jp/

リンク
にほんブログ村 司法書士試験
月別アーカイブ
TrackFeed
track feed 流れるような一日を(旧)
LECバナー
ブロとも一覧

ベテラン司法書士浪人生 合格への道  (それから)
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
スポンサード リンク
Author : Masayuki Sakane